You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 50万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

50万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。

2015年1月17日土曜日

NHK朝ドラ視聴率の分析


NHK朝ドラのマッサンも折り返して、北海道編に入りつつある。

マッサンの視聴率 は、異国から来た嫁エリーに厳しくあたりすぎると批判もある、亀山早苗(泉ピン子)とエリーの雪解け、そして悲しい死のシーンでもあまり改善しなかったようである。http://bit.ly/1sIY4NM にある。

鴨居の大将との別れではどうであろうか.... 
NHK大阪の作だからか、浪花節的というか松竹新喜劇の「笑いと人情のこてこてノリ」すぎるのかもしれない。。

ググっているときに、ビデオリサーチ社の過去のNHK朝ドラの視聴率データ http://bit.ly/1sIXUWN が見つかった。「おしん」の最高視聴率は62.9%だったし、昔の朝ドラの視聴率は軒並みすごい。。ということでexcelでグラフにして、様子を調べてみた。

最高視聴率と平均視聴率はそこそこ相関があるように思う。

一方で初回視聴率は、前回の朝ドラの人気をひきずるので、前回の朝ドラの最高視聴率を反映しているように思う。ドラマのできとしては、「初回視聴率からどれだけ盛り上げたか」でもわかると思うので、「最高視聴率 マイナス 初回視聴率」という、一番下の紫の線を作ってみた。
NHK朝の連続テレビ小説の視聴率推移

これを見ると、やはり「おしん」はすごい。また、おしんあとも軒並み紫の線も高く、結果、視聴率は常に40%越えだった。1993年で大きく落ち込んでいる、バブル崩壊を機に低迷が始まる。ちょうど、インターネットやweb、携帯などITの普及ともかぶってくるのだろう。

最近では、「あまちゃん」が、がんばって、持ち直させていたのがわかる。

一方、全26週中14週を終わった「マッサン」で、冒頭リンクにある最高視聴率で暫定値をだすと、紫の線でも、「マッサン」は低迷している.....
ストーリとしても、エリー役のシャルロットさんや、マッサン役の玉山さんや、鴨居の大将、等々、すばらしい俳優さんたちが、すばらしい演技をしているし、これから、ニッカウィスキ創世記にちなんだストーりになっていくはずなので、このあと持ち直すことを期待したい。

とはいっても、「あまちゃん」や「花子とアン」のように、走りながら(視聴者の反応をみながら)脚本を作るのではなく、豪華なセットを利用するために先にまとめてとってしまっているので、視聴者の反応をみて微調整されることはないかもしれないが。。。
blog comments powered by Disqus