You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 60万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

60万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。またまた、しばらく更新しないうちに、2017/6/11に60万7197アクセスになっていました。久しぶりに更新します。

2017年7月10日月曜日

LinuxサーバにMySQLを設定した

以下に投稿した機能を拡張するために、MySQLを家庭内ゲートウェイであるLinuxサーバに立ち上げて、RaspberryPI等、家庭内IoTシステムからremote accessして、データを共有できるようにした。

2017年6月12日月曜日

 目次)MySQL化の理由は最後の背景で説明する。
  1. MySQLのinstall
  2. remoteアクセスの設定
    1. 設定ファイルの変更
    2. RasperryPiからのアクセス実験
    3. rootではアクセスできない
  3. Databaseの移動
    1. RAID (mdadm)のpartitionへの移動 (堅牢化)
    2.  Apparmor (CentOSでいう、SELinux) の無効化
  4. おまけ)MySQL workbench on Mac OS-X
  5. 背景
    1. microSDカードの書き込み寿命
    2. 対策
      1. USB HDDの利用
      2. MySQLなどremote databaseの利用

MySQLのinstall)
 Ubuntu 16.04 LTSなので、

2016-11-17 Ubuntu 16.04 LTSにMySQLをインストールする 
の通りに aptでinstallして、設定をすれば、まずはlocal machineで使えるようになった。上記にある、サンプルのtest_dbも、この通り動いた。

Remote Accessの設定)

  1. LinuxサーバのUFW を設定して、標準の3306ポートを開いた。
    参考)
    1. UFWの設定: http://qiita.com/yoh-nak/items/46935af3c5c4036e93b3
    2. コンソールからGUFWのほうが簡単かも:
       http://sicklylife.at-ninja.jp/memo/ubuntu1404/gufw.html
  2. ついでに /etc/sysctl.conf を書き換えてrebootしてIPv6も止めた。
    参考) http://l-w-i.net/t/ubuntu/ipv6_001.txt
  3. remote accessの設定)
    1. だが、telnet ipaddress 3306をやってもつながらない。
       /etc/mysql/mysql.conf.d/mysqld.cnf   の設定変更が必要
      bind-address           = 127.0.0.1
      でローカルマシンからしか接続できなくなっているので、これを、
      bind-address           = 0.0.0.0
      に書き換えてどこからでも接続できるようにする。
      参考)http://bit.ly/2uVx9Rl  How to allow mysql remote connections via particular interface
    2. RasperryPIからのアクセス実験

      1. rasp01 ~ $ mysql -h 192.168.0.88 -u user -p
        Enter password: 
        Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
        Your MySQL connection id is 26
        Server version: 5.7.18-0ubuntu0.16.04.1 (Ubuntu)

        Copyright (c) 2000, 2017, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
      2. :
        mysql> connect test_db;
        Reading table information for completion of table and column names
        You can turn off this feature to get a quicker startup with -A

        Connection id:    27
        Current database: test_db

        mysql> show tables;
        +-------------------+
        | Tables_in_test_db |
        +-------------------+
        | emp               |
        | lights            |
        +-------------------+
        2 rows in set (0.00 sec)

        mysql> select * from emp;
        +------+------+
        | id   | name |
        +------+------+
        |    1 | aaa  |
        |    2 | bbb  |
        +------+------+
        2 rows in set (0.00 sec)

        mysql> 
    3. ところがRasperryPIからrootでMySQLに入れない。mysladmin でやってみるとアクセス権がないとのこと。
      rasp01 ~ $ mysqladmin -h Linux02 -u root -p version
      Enter password: 
      mysqladmin: connect to server at 'Linux02' failed
      error: 'Access denied for user 'root'@'192.168.0.122' (using password: YES)'
    4. サンプルテーブルでの実験からも類推できるし、以下のようなやり方でできると書かれた webサイトもあったが。。。やり方がまずかったのか上手く行かない。mysql> grant all on *.* to 'root' identified by 'rootのパスワード';
    5. どうもlocal machine上で 管理table mysqlの設定をいじればよいらしいがよくわからない。
    6. Local MachineからMySQLにroot権限で入って見える特権データベース
      (以前、SQLite3で、壊してひどいことになった。)

      localhost以外で追加してみようとするが。。
      SQLは初心者なので、、、よくわかりません。。
  4. Databaseの移動)
    1. Quitta http://bit.ly/2uXMLnp をみて、ファイルをmdadmのpartition (/homeからのsymblic linkへ移動)
    2. が、/etc/init.d/mysql restart するとコケる。

      # journalctl -xe でみると、apparmor (CentOSでいう、SELinux)が拒絶している) 
    3.   https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/mysql-5.7/+bug/1610765 を参考に、Apparmorの設定 /etc/apparmor.d/usr.sbin.mysqld あたりを書き換えたが、なんどやっても上手く行かない。
    4. CentOSでは、SELinuxは扱いにくいので、無効化(おすすめは、http://red.ht/2uZTaP1 にあるPermissive mode) なので、Ubuntuでも無効化することにした。
    5. Grubからdisableしてrebootして、問題になくデータベースは移動した。
      しかし、Databaseを移動すると何がどうなってダメなのか不明。
    6. おまけ)rootになって # journalctl -xe をすると、Mac OS-XにインストールしたCanon printer drive (tools) のbonjure が、大量にbroadcastメッセージを出して、UFW (iptables) つまりlinuxサーバのfirewallが拒絶メッセージを出している。なんだか怪しい。。
  5. おまけ)MySQL Workbench on MacbookPro OS-X El Capitan.
    Mac OS-Xからの確認用に、
    https://www.mysql.com/jp/products/workbench/ からダウンロードした。グラフィカルにMySQLサーバに触れる。
    MySQL Workbenchでサンプルdatabase/tableの操作

  6. 背景)microSD cardの書き込み寿命
Makerfairを主催する米国の雑誌Makerとは比べ物にならないほど内容が詳細で充実した..日本の誇る雑誌 トラ技 2017/7月号 (CQ出版社の画面 http://bit.ly/2tO4iB3 を引用)にラズパイ特集があった。実は、CQ出版社にはバックナンバーがほとんどあって、買い逃した本も上記リンクから行けるCQ出版のweb shopの通販で送料無料で数日で届く。カード支払いも可能。

CQ出版社webのトラ技2017/7月号情報

CQ出版社webにあるトラ技2017/7月号の目次情報

その第4章が、
「数Kバイトの小データを10年間記録し続ける高信頼メモリの技術
寿命対決! コンビニSDカード vs 産業用SDカード」であり、
ラズパイで使った時のmicroSDカードの寿命を徹底評価していた。
http://bit.ly/2tO4iB3リンクから各章の1ページ目がpdfで閲覧できる。
SDカード(Flash memory)の詳細な仕組みから始まり、8GBのmicro SDカードを装着したラズパイで、4KBのファイルを1秒間に100個記録し続ける(古いのは消す)データロガーとして使ったときのmicro SDカードの寿命を算定していた。TPSM-GS1Sという産業用のSLC(Single level Cell)カードだと10年持つが、通常売られているMLCタイプの安いmicro SDカードだと18日でダメになるとのこと。(ここを特集するのは、さすが、トラ技。)
そりゃそうだ、wear levelingも適当な安価SDカードだし。。
さすがに、1秒間に100個ずつファイルを記録することもなく、1分間に1個。同じファイルへの書き込みはbufferされていると考えると、もうちょっと持つのかもしれないが、小さいファイルを更新しまくるlinux/unixのストレージが市販microSDカードというのは、いかにも心配である。
記事にある書き換え寿命の仕様(保障)値を引用すると、
SLCで10万回、p-SLCで2万回、MLCで3000回。
実効最小ではSLCで21万回、p-SLCで11.8万回、MLCで1.2万回。
 amazon.com http://amzn.to/2tNVmvM では、p-SLCの16GBのmicroSDカードが10枚 $815で、SLC 4GBのmicroSDカードが10枚 $805で売られている。---- 高い!!!!

拙blog: http://bit.ly/2sccXwe に掲載した、RaspberryPIを使ったコンセント制御。cron でアプリが1分ごとに起動して、タイマー機能を実現する作りになっている(簡単なので..) 。
機能拡張するのに状態管理をファイルでやろうと思ったが、危ない。。常時起動しているdaemonにするか、状態管理daemonと通信させるか、ちょっとやり方を考えたい。と、考えた結果、MySQLサーバを立ち上げて、今後増えるであろう、いろいろな家庭内IoT機器の情報をRelational Databaseで共有して、検索・変更を容易にすることにした。
コンセント制御では、WebベースなのでPHPを使っており、PHPにはMySQLをアクセスするライブラリもある。

Learning PHP, MySQL & JavaScript: With jQuery, CSS & HTML5 (Learning Php, Mysql, Javascript, Css & Html5) 4th Edition (amazon.com http://amzn.to/2uPRBmF でベストセラーらしい。以下表紙写真)にも、PHPとMySQLの連携について書かれている。
参考になりそうなR'REILLY本


blog comments powered by Disqus