You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 60万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

60万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。またまた、しばらく更新しないうちに、2017/6/11に60万7197アクセスになっていました。久しぶりに更新します。

2010年4月27日火曜日

米国でAT&TのプリペイドSIMを買ってiPhoneを使う

脱獄済 iPhone OS 3.1.2 ModemBB 05.11.07をBlacksn0w RC2でunlockした。それ以後、何度もリブートが必要になり、またテザリングも壊れてしまい、不安定極まりない。

米国にきて、AT&T shopでPrepaid SIMを買う。通話、$100分を25cent/分の設定にして、データ通信100MB分の$19.99とあわせて$119.99で買った。通話は1年。データ通信は30日で失効する。それより失効までの猶予がこれ以上長いプランはないとのこと。

 (通話料は、全米どこでも、携帯でも2011年以降 10セント/分に下がっている。ただし、日本と違って着信しても通話料がかかる。また、海外では使えない。カナダ、メキシコ、日本で試したが、Prepaid SIMでは、通話もデータ通信もできない。)

AT&T SIMにして、まだ2日だが、通話はすでに$81しかない一方、データ通信は、gmail,
calender, twitter等を普通に使っているだけなので、まだ、94MBも残っている。アメリカでは、携帯電話を受けるだけでも課金されるし、AT&Tのサポートにも長電話したので、通話のほうが減り方が激しい。日本に電話すると1分で1ドルくらいは減りそう。データ通信は、どうせ30日で失効するので、極力メイルで片づけるのがよさそう。

データ通信は、米国AT&T用のプロファイルを後述のように、iFunBoxで無理やり注入したら動いた。
softbank用のAT&Tプロファイルのままでは、データ通信はできない。これは、最近AT&Tでは、定期契約者のデータアクセスポイントとGoPhoneなどプリペイドSIMのアクセスポイントを変えているためらしい。
AT&Tの店員も、
SIM unlockしたiPhoneで、データ通信ができる保障はないよと言っていた。

米国のホテルは電波が弱く、iPhoneがwifiにうまくつながらなかったので、ケーブルLANで
netにつないだnotePCをもちいて、

 http://peer2.net/sjdojo/?p=4387 を参考にlimitededitioniphone.com提供の作成済みプロファイル
をダウンロードした。
このあと、まずは、iFunboxをinstallして、

/System/Library/Carrier Bundles/ATT_US.bundleを

ATT_US.bundle.orgにrenameしてから、ダウンロードした
ATT_US.bundleをそれに入れ替えた。これで、無事AT&Tのデータ通信にアクセスできるようになった。

wifiでiPhoneがつながる環境でなら、上記のwebサイトからプロファイルを直接インストールすることが可能なようである。
ショートメイルに相当するtext messagingは、送受信ともに1回20centである。
このアドレスは、PCからは、AT&Tの電話番号@txt.att.net で送信できる。
ただし、漢字は文字化けするので、英語のみ可能。

アカウントの残額情報やチャージは、以下のサイトにPCからログインする。
日本のクレジットカードで払えるかは、次回訪米する際にリチャージが必要になったら、試してみたい。

https://www.paygonline.com/websc/index.jsp
AT&Tの携帯番号:
password: わからなかったのでAT&Tに電話したらショートメイルで初期パスワードを
送ってもらえた。本来は、店頭で確認するべきだった。


ただし、こちらにもってきた、日本語のwindowsXPについているIEでは、上記のwebの
初期登録画面にある州、国の登録のwebのプルダウンメニューがうまくでずに、何度やってもエラーではじかれた。
住所の登録は、米国住所でなければならないが、どうもAT&Tにprepaid simを買いに来る
旅行者は多いらしく、店員さんがAT&T shopの住所を登録しておいてくれた。ただし、
webからのアカウントアクセスには再度、州、国を登録する必要があり、上記のエラー
問題が発生した。(URLのソースを見ても、メニューの内容が入っていなかった。)

AT&TにnotePCを持って文句をいいにいったら、そこにある英語のwindowsでは問題なくプルダウンメニューが表示され、初期登録を完了し、正常に上記webから、AT&T GoPhoneのプリペイド
SIMのサイトにアクセスできている。

---
渡米中、帰国後に何度かリセットが発生したので、一応、別の方法でAT&Tプロファイルを書き換えてみた。
まず、WLANからsshで入り、以下のようにして手で変更したプロファイルを元に戻す。

cd /System/Library/Carrier¥ Bundles
mv ATT_US.bundle ATT_US.bundle.handMod-OK-20100429
cp -r ATT_US.bundle.org ATT_US.bundle

http://peer2.net/sjdojo/?p=4387

を参考に、www.unlockit.co.nz にWiFiでつないでAT&Tのプロファイルを作成。
これをinstall
設定->一般->プロファイル でみると、APN Carrier Settingがインストールされている。
しかし、この時点でsshから以下のようにdiffをとってみると、
新しいATT_US.bundleとATT_US.bundle.orgは何も変わっていない。
いったんプロファイルを削除して、再度上記サイトから、AT&Tのプロファイルを作成し
インストールしたが、ATT_US.bundle は、orgから変わっていない。

diff -r ATT_US.bundle.org ATT_US.bundle

プロファイルは別なところに出来たのだろうか? それとも、全く変わっていないのだろうか?
この状態では、Softbankの3G networkに接続できないことが判明。どうやら、Currentの
プロファイルを書き換えてしまっているようだ。APN Carrier Settingを削除したら
問題なくSoftbankの3Gにアクセスできるようになった。
今度訪米して、GoPhoneのSIMでAT&Tのnetworkにつないだ状態で、WLANからAPN Carrier Setting
をインストールしないとならないのだろうか。。。。。
--
また、MACで limitededitioniphone.com提供の作成済みプロファイルをダウンロードしようとしても、
拡張子がzipにならず、展開できなくてうまくいかない。

/System/Library/Carrier Bundles/ATT_US.bundleを

ATT_US.bundle.orgにrenameしてから、windowsXPのnotePCで前回ダウンロードしたファイルを
iFunBoxからATT_US.bundleとして転送した。
この状況で、softbankのSIMを入れたままでも、Softbankの3Gとdata通信が問題なくできることを確認。
あとは、GoPhoneのSIMで、どうなるかを試すのみ。ただし、100Mのdata 通信($19)はすでにexpireしている
ので、今度米国に行くときにならないと試せない。
blog comments powered by Disqus