You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 60万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

60万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。またまた、しばらく更新しないうちに、2017/6/11に60万7197アクセスになっていました。久しぶりに更新します。

2010年1月8日金曜日

Chronic Dev Teamが脱獄対策済みのiPhoneでの紐付きでない脱獄を検討中

 Chronic Dev Team が、脱獄対策済みのiBoot-359.3.2を搭載した、iPhoneに対抗して、新たな脆弱性(exploit)を発見した模様。 アップル側での対策を考慮して、いつリリースするのがいいかというアンケートも行っていた。(以下)

 http://chronic-dev.org/blog/2009/10/a-poll/comment-page-13/#comment-17262

脱獄対策済みのiPhoneの脱獄は、現状では、Blackra1n RC3を用いた紐付き脱獄しか方法はない。この方法では、電源の再投入やリブート時に、母艦であるPCをUSBで接続し、Blackra1nを実行し、DRAM上に改造ファームを毎度注入しなおす必要がある。つまり、PCを持たない外出先で、iPhoneをリブートする羽目になると、PCにつないで再度blackra1nを実効するか、正規firmwareをインストールするまでは、iPhoneは、アプリを起動できないだけではなく、電話としても、まったく機能しないのである。

Chronic Dev Teamは、この対策として、かねてからSemi-tethered-jailbreak としてGreenPois0n を提案していた。ここでは、iPhoneをリブートする羽目になった場合は、脱獄していない状態のファームで起動し、脱獄前のiPhoneとして使用できる。自宅などに戻ってPCを接続し脱獄すれば、 リブート前の脱獄状態にもどれるのである。SIMを取り替えるために電源を落とすとPCとの接続が必要になるので、SIMアンロック派にとっては、紐付き脱獄とあまり変わらない。SIMアンロックにこだわらなければ、もしもリブートする羽目になっても、非脱獄状態で使えるわけなので、PCを持ち運ぶ必要もなく、安心して使えるのである。

Chronic Dev Teamも最終的に目指すところは、紐付きでない脱獄であり、今回発見した、新たな脆弱性がその打開策になりそうな模様であり、冒頭に書いたようなアンケートで、これを利用した脱獄ツール Greenpois0n を、いつリリースするか意見を募集していた。ただし、SIM Unlockには対応しないようなので、SIM Unlock を目指す人は、iPhone Dev Teamら、他のチームによるツールを待つ必要がある。

Chronic Dev Teamに関しては、
「をぢの日記」  http://peer2.net/sjdojo/?p=4662
に詳しい。
blog comments powered by Disqus