You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 60万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

60万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。またまた、しばらく更新しないうちに、2017/6/11に60万7197アクセスになっていました。久しぶりに更新します。

2010年8月31日火曜日

激指 定跡道場2を買った

2010年 世界コンピュータ将棋選手権優勝記念版 だそうである。
自宅のwinXPにインストールしたら、faultで全く立ち上がらない。家族の winXPのPCではまともに動いたので、CDの不良ではなさそうである。定価13.440円のソフトなのにである。
毎日コミュニケーションズの販売だが、サポートが全くだめ、メイルをしても音沙汰もなく、繰り返し苦情をあげたらようやく応答があった。

が、このソフト自体は良くできている。はやいところ自分のPCにインストールしてもっと遊びたい。
刻々と形勢判断がグラフで表示されたり、次の手のヘルプで、定跡手があるのか、それとも読みをして、最良手が何であるのかを示したり、詰みがあるのかを教えてくれる。

終局後は、どの局面のどの手が敗着であったのか(もちろん形勢判断グラフからも判断できるが)を教えてくれて、そこからさし直しもできる。棋風も大山康晴とか3人から選べる

コンソールを表示すれば、コンピュータがどういう読み筋を読み、評価関数がどうなっているのかも、表示されるので面白い。こちらの思考中の時間も利用してコンピュータ側は読みつづけているのがよく分かり、面白い。

コンピュータを最強にして、コンピュータの読み筋アドバイス(x,x,x,x,xで先手優勢・とかy,y,yで先手勝ちとかでる。)どおりに将棋を指すと、先手(プレーヤ)側が詰んで、それからコンピュータの勝ちと表示がでた。本当に詰み予測ができているのか、形勢判断をしたうえでのアドバイスになっているのか、ちょっと疑問(これもバグか??)は残るが、プレイしていて結構面白かった。
blog comments powered by Disqus