You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 60万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

60万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。またまた、しばらく更新しないうちに、2017/6/11に60万7197アクセスになっていました。久しぶりに更新します。

2011年6月18日土曜日

東京スカイツリーの建築法はとてもハイテク

http://tokyo-sky-tree.seesaa.net/upload/detail/image/20110618_2.JPG.html

にあるように、スカイツリーは、安全ネットをはずさないで、クレーンが撤去されつつある。
保護ネットはどうするのだろうか。。

以下の大林組のサイトにいろいろ建築法の説明がある。とてもハイテクである。

http://www.skytree-obayashi.com/technique/detail/index.html

安全ネットを巻き上げるための仕組みも用意されている模様。絶対に安全ネットの外で作業をしなくてすむシステムはとてもよくできている。普通の高層ビルでは安全ネットの外側での作業があるらしいが、スカイツリーでは、作業員や物の落下事故が防げる。とくに展望台はせり出した形をしているので、窓枠の取り付けには配慮した模様。

http://www.obayashi.co.jp/news/skytreedetail14_20110106

支柱部の安全ネットは、地上で作ってフレームと一緒に持ち上げ、組み立てが終わったら、足場と一緒に、そのままクレーンで下ろしていたらしい。

http://www.skytree-obayashi.com/technique/detail/03/index5.html

ゲイン塔のリフトアップ工法も良くできています。高高度での強風のなかでの作業をなくすためらしい。

http://www.obayashi.co.jp/news/skytreedetail10_20100724_1

高層ビルでいつも疑問に思われるタワークレーンの解体も以下に詳しく説明がある。

http://www.obayashi.co.jp/news/skytreedetail16_20110516

以下にblogがあるが、タワークレーンの上は、とんでもなく高くて、足場も狭くて不安。安全対策がされているだろうが、細い支柱でだけ支えられた、タワークレーンの上で作業するのは、よほど慣れていないと足がすくみそうである。(以下の写真)

http://blog.skytree-obayashi.com/?day=20110523
blog comments powered by Disqus