You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 60万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

60万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。またまた、しばらく更新しないうちに、2017/6/11に60万7197アクセスになっていました。久しぶりに更新します。

2011年6月18日土曜日

自作ジェットエンジンとかジェットカー

自動車のターボチャージャを改造して、自作ジェットエンジンを作っている人がいるんですね。14万回転が目標だそうです。

自作エンジンを作っている人たちはたくさんいるようですね。以下
http://translate.googleusercontent.com/translate_c?hl=ja&langpair=en|ja&rurl=translate.google.co.jp&twu=1&u=http://www.youtube.com/watch%3Fv%3DXYUmWxfbLWw%26feature%3Drelated&usg=ALkJrhjffSsPQP_P5_5VlRKLIS1GpWjusQ

ものすごく炎が吹き出すのは危険だし、排気口が赤熱しすぎだと思う。いつ吹き飛んでも不思議ではない。

ハイブリッドトラックも。ジェットエンジン搭載)
中古のジェットエンジンが96万円で買えたんですねぇ。


「通常時は重さのせいもあって最高時速は135km/hですが、」 ここはいいでしょう。
「ジェットエンジンを使うと最高速度が225km/hにもなるとのこと。Lentzさんはドライブはもちろん、駐車場で車を見た人の反応も楽しんでいるそうです。」とありますが、225km/hは完全にスピード違反でしょう。テストサーキットでの計測だと考えましょう。


に、ビデオがありました。公道のような私道のような。。。
 
こんなの公道を走っていいの?? 後続車が燃えるんじゃないのかな。。

米国は車検もないし。通常は、ジェットエンジンは荷物という扱いならOKそうだし。ナンバーはすでに取っているし、認可なんてうけていないんじゃないのかと思います。

2,700馬力と書かれていますが、速度が低いので馬力はそんなに出ないでしょうね。大体速度が低いので、ターボファンの方が推力が出るはずです。

ただジャンボジェットのターボファンだと、推力で、後方を走るバスですら吹っ飛びます。(Discovery channelのMyth Busterで実際に検証していました。)

JAL機がコンテナ吸い込み、離陸中止 ロサンゼルス(以下)のようなことすらあったくらいです。(以下)

絶対に公道は走れないでしょうね。そもそも自車も吹っ飛ぶでしょうし。。。

ジャンボジェットのエンジンは、数種類有って、そのうち一つは、
P&W社 PW4062型 推力  28.7トン = 281.57 kN = 62,000 lb 乾燥重量4.2トン

上記PW4000シリーズのデータ)


関係ないですが、燃費の話を見つけました。面白い。

http://blog.netzwest.jp/?eid=15182

日本 かぐやを月へ運んだ国産ロケット「HII-A型」
推力(KN)   第1段-1,098  第2段-137  
         固体ロケットブースタ-4,490(2本分)
         固体補助ロケット-1,490(2本分) 
燃費75cm/L と、とうとう、リッターcm代に突入で終わっています。

ハイブリッド話は面白いので別途書きます。
blog comments powered by Disqus