You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 50万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

50万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。

2012年6月11日月曜日

無料で行けるGolden Gate Bridgeのビスタポイント

San Franciscoの観光名所 Golden Gate Bridge (wiki: http://bit.ly/LgFzoX ) は、無料で絶景がみられるビスタポイントがいくつかある。写真とともに紹介したい。

Golden Gate Bridgeは今年75周年である。米国は、クウォータ玉があるみたいに、25単位で数えるので75が記念になるのかもしれない。7/4の独立記念日の花火も例年Golden Gate BridgeやBay Bridgeでも打ち上げられており、今年は盛大なものになることも予想される。

概要)
紹介するビスタポイント一覧
  1. Golden Gate Bridgeは、車では、San Franciscoから外に出る側は無料。戻るときに6ドルである。自転車や徒歩は無料。
  2. Vista Point 1 :  San Franciscoから外へでる方向で、 Free way US101で橋を渡るすぐ手前で右にそれて入る。結構合流が沢山あって見逃しやすい。ここは、お土産物屋などが充実しているが、駐車場が狭く混雑している。駐車料金は25セント玉一つで、15分程度だと思うが、休日だと、大体、前の人がいれたコインが残っているので、実質無料だったりする。
  3. Vista Point 2:  San Franciscoから橋を渡って、Vista Pointの看板が出てくるので入る。駐車場は広く無料。
  4. Cavallo Point: コテージ形式のロッジがある。HP: http://www.cavallopoint.com/ Stanford大の発表会で2度泊まったが、大学持ちなので費用は不明。http://bit.ly/MlYBwZ によると、King sizeの部屋で、平日(大人2人、子供2人)で、一泊350ドル程度らしい。立派なレストランもある。車は、全てバレット・パーキング。
  5. vp3: Vista Point 2や、Cavallo Pointから歩いて行ける。
  6. vp4: 車が必要だが、眺めは大分良い。道路沿いに少し小さめの無料パーキングがある。
  7. vp5: vp4よりもさらに標高が高く、眺めが良い。道路沿いの無料Parkingも大きい。
Stanford大の発表会の時に聞いた話では、フィッシャーマンズワーフで自転車を貸し出していて、それに乗って、Vista Point 2,  Vista Point  2と走り、さらに北のハーバ沿いの小さな街(原宿という感じか。。) サウサリートまで、いって、そこで船にのって、フィッシャーマンズワーフに戻るというツアーがあるらしい。

これは大変面白そう。Golden Gate bridgeは、下り方向右が歩行者用、左が自転車用になっていたが、現在は工事のため、左側を閉鎖しており、上り下りの自転車と歩行者が歩道を走っている。なので、歩いていると、暴走自転車がやってきて結構危ない。


Vista Point1)
駐車場

案内板 
展望スポットからの橋

橋の耐震模型


San Francisco Down townはこんな感じでみえる。三角のビルは、保険会社のトランズアメリカン。

展望スポットから、一段下りるとこんな感じ

橋の説明 - 支持塔が高いとケーブルが細くて済むよということ。上は塔の高さが305mの場合。ケーブルの太さは635mm。実際の橋は下。塔の高さが152m、ケーブルの太さは914mm。

塔の高さと、必要なケーブルの張力の関係を実感してみましょうという模型。引っ張ってみると、左の低い塔のものは相当に力が必要。
なんでも、こういう体験装置にするところが、米国の科学技術の裾野をささえている。


お土産物屋。Golden Gate Birdge 75周年ということで、記念Tシャツを何種類か置いてある。もちろん、色は、ゴールデンゲートブリッジ色。

橋を作る際に、実験に使った1/56 (高さ4m) の模型の実物。プリンストン大学で設計され、製造された。お土産物屋内におかれている。

歩いて橋を渡ると)
  Vista Point2から、橋の中央まで歩いてみた。
橋の中央あたり。車道は高速なので、100km/hくらいで車がビュンビュンやってくる 
メインケーブルから橋をささえるケーブルは4本。割と細い。橋の中央部(下の写真の人がいるあたり)で撮影したので、主ケーブルを取り巻くためにケーブルが広がっている。この4本の太さは、橋のどこでも同じ。

メインケーブルが一番低くなる、橋の中央部から、San Francisco市内向きに写した写真
Cavallo Pointから見た Golden Gate Bridge)
Cavallo Pointの、ロビーのある建物から写したGolden Gate Bridge 
Cavallo Pointから歩く。人が沢山いるのは、Stanford大での発表会での、昼のレク・イベントのため、参加者達(自転車組もいたが。。)
サウサリート側の橋脚を下からみると。塗り替え工事をやっていた
Vista Point 5)
絵はがきで見るような写真がとれる。このへんには、絶景ポイントがいくつかあるらしい。




Vista Point 4)
左の橋脚が、だいぶ隠れる



blog comments powered by Disqus