You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 60万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

60万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。またまた、しばらく更新しないうちに、2017/6/11に60万7197アクセスになっていました。久しぶりに更新します。

2012年8月22日水曜日

AT&T iPhone4のSIM unlockに成功

米国AT&Tは、端末代金の支払いが完了したiPhoneのSIMをunlockするサービスを2012/4月から始めた。http://bit.ly/Pwsop6 などに報道がある。これを受けて、SIMをunlockし、成功したので報告する。2010年6月頃に契約した端末なので、2年契約が過ぎており、unlockを受け付けてくれたものと思われる。

概要)
手続きは、以下の様になる。
  1. AT&Tに電話をし、Unlock希望を告げる
  2. 2週間で、やり方を書いたリンクをメイルしてくると告げられる
  3. メイルに従い、iPhoneをiTunesにつなぎbackup/restoreをする
  4. 上記だけでは、unlockされなかった。実際の手順は、
    1. iTunesをつなぎ、restoreで、正規iOS5.1.1にする (iOS5.1.1の脱獄版(iPhone4は、Pwnage5.1.1で脱獄済み) では、次のeraseが永遠に終わらない。)
    2. 設定-> Resetの->データと設定を全て消去 する
    3. iTunesから待避してあるデータをリストアする
  5. AUのiPhone4SのuSIMを入れた(米国なのでローミングになる)。するとAT&Tの電波がつかめた。が、自端末の番号は設定では表示できない。ローミングだからなのかもしれない。
  6. 基本backup/erase/restoreで
http://bit.ly/NtUuxb にも日本語解説がある。

他には、PUKコードを入れる方法もあるらしい。どうやるとこのコードを入れる画面になるのか、いろいろ試したが、成功していない。SIM暗証を誤入力すると要求画面になるとか、lockされた端末で、違うSIMを入れると出てくるとかあるが、どちらも成功していない。
訂正)PUKコードとは次のこと。
  1. SIMに暗証を付けておいて、SIMを入れ替えると、暗証を要求する。これはFOMAとか、ガラケーも同じ。
  2.  この暗証を何度か入れ間違えるとSIMがlockされて使えなくなる。(これを、AT&TではSIM lockと呼ぶ --- まぎらわしい。。)
  3. 上記のSIM lockを解除するのが、PUKコードである。もちろん、SIM毎に違う。
いわゆるキャリア毎に限定されたSIM lock を解除するのは、AT&Tでは、SIM unlockではなくて、Device unlockと呼ぶらしい。本稿末尾に書いた。

手順詳細)

1. AT&Tに電話で依頼すると、しばらくすると以下のような案内へのリンクが掲載された、emailがやってくる。


2. 探すと、以下のような情報もMyATTには掲載されているが、このPUKコードの使いかたがわからない。これは、SIM暗証を何度か入れ間違えてlockされたものを解除するPUKコード http://bit.ly/RHu95T のことらしく、今回話題にしているキャリアのunlockではないらしい。AT&Tでは、SIMのunlockというとこのことを指し、キャリアのunlockは、deviceのunlockとよび、Apple社が担当することになっていると聞いた。


3. AT&Tに聞くと、Appleのリンクを教えてくれて、そこには、iPhoneをbackup/erase/restoreせよ。と書いてある。
 http://support.apple.com/kb/HT5014

4. なぜかEraseができない。
1の方法では脱獄が解除されるので、2を試みたが、PUKコードの入れ方がわからない。3をやってみると、erase作業にはいって、5時間しても終わらない。AT&Tに聞くと、最初は「15分から20分で終わるはずだ。」といっていたが、調べたら、「2〜3時間はかかる」と訂正があった。Flashのイレースにしては時間が掛かりすぎる。(分からないと、担当者が適当なことをいうのは、米国では日常茶飯時で有り、信用してはならない。。)

5. まずは、正規iOSに戻した。
iOS5.1.1をPwnage5.1.1で脱獄している(やり方の概要は下に書いているが、詳細は未報告)のが悪いのではと思い。iTunesからiPhone4をrestoreした。

2012年6月6日水曜日: iOS5.1.1の脱獄 - Pwnage5.1.1

これで、一応erase, restoreもしたことになるが、この時点では、SIMはlockされたままであった。AUのuSIM cardを入れると No Serviceになる。

6. EraseとRestore
そこで、再度、iPhoneの設定-> Reset画面から、データと設定をeraseした。


そしてWiFiなどを手で設定たあと、iTunesから設定をリストアする画面になったので、iTunesからリストアした。

7. そして、AUのuSIMカードを入れると、searchingの画面になったあと、以下の様にAT&Tの電波をつかんだ。写真を掲載する。SIMを正規AT&Tに入れなおすAT&Tから、texting (Short mail)と、ボイスメイルが入る。結構、うっとうしい。




8. ただし、自端末番号は不明。ローミングだからかもしれない。



9. 使用したiPhoneとSIM。左がAUのiPhone4SとuSIM。右がSIM unlockしたAT&TのiPhone4とuSIM。




10. 以前、Amazon.comで買った、プリペイドSIM (GoPhone) を入れてみたが、No Serviceになる。今売られているものは、たとえば以下。

http://amzn.to/ORihXv にある、reviewを読むと、AT&Tの店に行って、$15払って、アクティベートしてもらい、さらにチャージをいれないと使えないらしい。だとすると、AT&Tの店舗に行って買ってもさほど変わらない。ただし、最初のレビュアーは、じぶんでできる裏ワザがあるような書き方をしているが、肝心な情報は書かれていない。。

iPhone3GSのGoPhone SIMは。。)

2010年4月27日火曜日: 米国でAT&TのプリペイドSIMを買ってiPhoneを使う


に書いたとおり、日本のSoftbank製のiPhone 3GS (iOS3.2)は、ultrasn0wでソフト的にunlockし、data 通信プロファイルを書き換えている。このため、これを解約したが、GoPhoneのプリペイドSIMが使えている。

このSIMは、通常サイズなので、iPhone4には入らない。http://amzn.to/ORYV4C にある、以下の写真のようなSIM カッターを使えばuSIMサイズにできる。



このカッターは日本で買って、東京には置いてある。が、今は持っていないし壊すといやなので、実験はしていない。

そもそもiPhone 3GSではGoPhone SIMで、アプリは使えるし、webも問題なく使えているで、iOSも古いままにしてある。余計なことをしたくないのである。

もう一台もunlockしようと電話をかけたが。。)

iPhoneから611でAT&Tに電話をしたら、「契約が完了していないと、できない。」といわれた。

発表記事 http://bit.ly/O6P90E にあるとおり、契約が満了したということらしい。契約=2年縛り。なので、2011/3月に購入したこの端末の場合には、2013/3月にならないと、契約が満了したことにはならないのであろう。端末代金は一括払いしているが、何らかのPaybackがあるのだろう。


今回unlockに成功した端末は、2年を過ぎていたが使い続けているもの、2年を過ぎれば回線を使い続けていてもunlockしてもらえるのだろう。逆に、回線契約をやめたあとに依頼したらunlockできないと言われたとも聞いた。(2年過ぎていなかったからなのかも、しれないが。。)

iPhoneから、カスタマーサービス611に電話すると、何度か番号をいれたあとに、直ぐに担当につながったが、SIM暗証を何度か入れ間違えてlockされたものを解除するPUKコード http://bit.ly/RHu95T のことと勘違いされ、最初に話しが通じなかった。どうも、AT&Tでは、SIMのunlockではなく、deviceのunlockというらしい。なるほど、PUKコードの謎が解けた。



blog comments powered by Disqus