You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 60万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

60万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。またまた、しばらく更新しないうちに、2017/6/11に60万7197アクセスになっていました。久しぶりに更新します。

2011年8月5日金曜日

iPad2の脱獄も可能に、iOS5.xの脱獄も準備中

Dev Team blog: http://blog.iphone-dev.org/

によると、以下のデバイスが脱獄可能。iPad2の脱獄も対応した。
  • iPad1: 4.3 through 4.3.3
  • iPad2: 4.3.3
  • iPhone3GS: 4.3 through 4.3.3
  • iPhone4: 4.3 through 4.3.3
  • iPhone4-CDMA: 4.2.6 through 4.2.8 (VerizonのiPhone)
  • iPod touch 3g: 4.3, 4.3.2, 4.3.3
  • iPod touch 4g: 4.3 through 4.3.3
さらには、現在ベータ版がテスト用にリリースされているiOS5.xにも現状この脆弱性(exploit)が存在している模様。最終版のiOS5.xでの脱獄可能性は未知数だが、適用可能になることに期待したい。
現状のiOS5.xベータのfirmwareをダウンロードしておき、TinyUmbrellaで、所有機器のSHSHを保存しておけば、ベータのiOSを用いた脱獄は可能になるということだろう。

@comex氏 開発の、jailbreakMe 3.0によるUserland Jailbreak (iPhoneアプリをダウンロードしてここからのJailbreak)なので、ホストコンピュータは必要ない。
電源再投入やリブート後にはどうなるのだろうか。いずれにしろ、再脱獄にはPCは必要ないので、広い意味でのuntetheredには間違いはない。

ただし、pdfの穴を利用し脱獄するらしいので、脱獄後に、Cydiaから"Pdf patcher2"という無料の非公式アプリをダウンロードし、その穴をふさいで置かないと危険である。とりあえず脱獄済みのiPhone4にも、インストールしておいた。特に何か変わったように見えるわけではない。

このへんは、冒頭リンクのQ&Aに書かれている。

やり方は、簡単であり、iPhoneなどで、以下のサイトをブラウズして、ツールをインストールすれば良いようである。

http://www.jailbreakme.com 


近々、非脱獄のiPhone4かiPod Shuffleで試してみたい。

おまけ) PCで上記サイトを読むと、@comexさんは失職中で、「誰か雇ってね」と書いている。。ご興味あればぜひ。。



blog comments powered by Disqus