You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 50万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

50万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。

2012年4月23日月曜日

自動車の空力特性(Aero Dynamics)

空力係数の比較)
 各社の前面空力計数Cd (drag coefficient)の表が、http://bit.ly/HZargP にあります。Cdは、無次元数(単位が無い http://bit.ly/Ie2IWK)です。
Cdに前面投影面積A を掛けたモノが空気抵抗計数になるので、下にあるCdA値が本当の空力抵抗になります。
 CdA値をみてわかるように、トヨタプリウス(2代目)のCdAは、Porsche 911 carrera並です。1992 BMW325iよりは若干良くなっています。Twike は、人力自動車みたいですが、Loremo http://bit.ly/HZbXzl やVWの1Lカーhttp://bit.ly/HZcfGv は、デザインにも象徴されるように驚異的なCdAとなっています。
 上の表にあるCdだけで比べてしまうと、スポーツカーといわれる車には、むしろCdが悪い車も多いようです。特にF1はダウンフォースを生むためにCdがきわめて悪くなっています。

 また実際の抵抗は、http://bit.ly/HZeppE にあるように、車速の2乗に比例して増えます。なので、速度をあげたら、CdAで稼いだ利得はパーになります。また、ここにあるように、タイヤの転がり抵抗は、車重が増えると増えるので重い車は不利です。横風安定性的には重心が低く車重の大きな車が有利なように思います。

自動車の走行抵抗に関する考察)
 http://bit.ly/HZeppE から考察してみる。
これはまたあとで。。。


エンジンの効率向上)
  これもまたあとで。

blog comments powered by Disqus