You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 60万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

60万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。またまた、しばらく更新しないうちに、2017/6/11に60万7197アクセスになっていました。久しぶりに更新します。

2012年10月12日金曜日

iPhone5の脱獄とunlock版

少なくとも、2つのグループによって、iOS6ないしは、iPhone5の脱獄が報告されている。

  1. iPhone4S上でのiOS6の脱獄。mdowd氏とkernelpool氏、これは、日本語で http://tools4hack.santalab.me/?p=11724 のサイトで解説されている。iPhone5でないのは、iPhone5が売り切れだった為だとのこと
  2. iPhone5上でのiOS6の脱獄。Grant Paul (別名 Chpwn)氏によるもの。以降、こちらを解説する。ただし、ツールは現状非公開。万全を期すためとのこと。
  3. iPhone5のunlock これも上記項目2のサイトに情報があったので解説する。
iPhone5の脱獄)
http://absinthejailbreak.com/?p=5351 (英文) に情報がある。証拠となるのが、iPhon縦5列アイコンになったスクリーンショット(以下)であり、「これは、フォトショップなどで簡単に偽造できるので、動画でないと信用できない。」との指摘も、コメントにあることに注意が必要。

脱獄したiPhone5のスクリーンショットなど。非公式アプリ入手サイトCydiaのアイコンが表示されていることが、脱獄している証

もし本当なら、発売から24時間以内に脱獄が完了したらしく、恐るべき速さである。手法公開の予定は不明。

紐付き Tetheredか)コメントを見ると、いまだTetheredのようである。つまり、電源を落としたり、resetすると、脱獄の母艦となるPCが無い限り再起動できない、不完全な脱獄である。(Tetheredなどについては、以下でも解説した。TinyUmbrellaについても紹介しているので、ご存じない方は是非ご覧頂きたい。)

2012年9月20日木曜日:iOS6の脱獄


おまけ)
英語nativeでも、コメントに文法の間違いは多い。「気にすること無く、度胸でいけばよい」という、ことである。

笑えるのは、コメント中段にある以下のやりとり。

簡約すると、「このコメントには、文法(grammar)間違い多いね。」「( grammarじゃなくて、) grammaticalだよ」「awesome (最高!!)」


iPhone5のSIM unlock)
AT&Tでは、SIM unlockとは、セキュリティコードが分からなくなって使えなくなったSIMのlock解除のことを指し、device unlockと呼ぶらしい。

手法)
  1. Apple のweb siteでキャリアとしてVerizonをしていしたiPhone5を買うと(キックバック割引がない?ので、50ドル高くなるが)SIM lockされていない。
以上)



blog comments powered by Disqus