You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 50万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

50万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。

2013年2月1日金曜日

タレントと団体行動

坊主で謝罪したAKB峯岸みなみや柔道女子のパワハラ問題が話題になっている。

とにかく、以下、峰岸の丸刈り謝罪ビデオは公式サイトとあるし、動画を誰かが撮影しているのだから、本人だけの思いであろうはずがない。

しかし、いずれにしろ、後味がとても悪い。ちょっと考えてみた。ひとことでいうと、前近代的な日本社会の歪みが一挙に露呈したということだろう。彼女が、身を呈して考えるきっかけを与えてくれたことに、感謝して良いのかもれない。



以下に、友人のコメントを含めて、まとめると。。
  1. 全て含めて秋元康 http://bit.ly/Ys71aL のシナリオと思えるのがあざとくていや。(自分は元おにゃんこを妻 http://bit.ly/11g8iqM にしているのに。。)
  2. AKB商法そのものが胡散臭い。投票券」をつけるだけで、CDを何枚も買う人が出たり「恋愛禁止」も商品価値か。
  3. 処分の基準がなく、都度違う
  4. 体罰、パワハラである
  5. 恋愛禁止の契約は認められない
  6. 日本の男社会が若い女の子を本当に蔑視し、人権を軽視し、性を商品化し、虐げている
ほとんどが、プロダクションなどに対する批判であり、「偉い!」というポジティブな反応はほとんどない。。

また、丸刈りに対する批判も続出している。これは後述する。

うがった見方をすると、何度文句を言ってもプライバシーの侵害やすっぱ抜きをやめない週刊誌や記者に対して、芸能プロ側が、同情票を巻き込むために、一芝居打たせたとも思えないでもない。プライバシー侵害で訴訟をしても、時間や金のロスが大きい上に、以下に述べるように芸能人が公人と見なされると勝訴は難しいと思う。

Stanford大の John Ousterhout教授が雑談でいっていたのを思い出した。「パワハラねぇ〜。UC Berkeleyには、先生は成績をつけるまえには、学生と結婚してはいけないルールがあったね。」不公平を防ぐためだろうが、ルールはこの程度でよいのだろう。。

この丸坊主謝罪に関しての批判のリンク)
- 体罰だ!
    http://rocketnews24.com/2013/01/31/290139/

- 丸刈りというファッションに対して失礼:
    http://rocketnews24.com/2013/01/31/290275/

- この子、何歳くらいなのか知らないけど、高校生という訳じゃあるまいに、こうまでしてAKB48にしがみつかなきゃならないのかね、ということだったが、それはともかく、このビデオで見られることはセクハラ、パワハラ、いじめ、リンチ、そして体罰と呼ぶべき行為だ。http://matimura.cocolog-nifty.com/matimulog/2013/01/akb48-d9ad.html

- そんな個人の自由を禁止する就業規則があったら人権侵害で違法・無効であることは明らか。懲戒処分など認められないでしょう。
そもそも、好きでもない男(しかも少年)に公然と胸を触らせるポルノで「児童ポルノ」に該当する撮影をしたのは放任し、そちらの責任を上層部が何らとっていない。
 (中略)

女子柔道の暴力、レイプの問題と、AKB48の問題、通底しているのは日本の男社会が若い女の子を本当に蔑視し、人権を軽視し、性を商品化し、虐げていること。いずれの報道をみても、暴力、パワハラ、性の搾取のオンパレードではないか。
女性たちが本当に虐げられているので悲しくなる。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/itokazuko/20130202-00023308/

謝罪)
一方、支配人から、「メイク室から出てきた時は、すでに坊主頭だったと聞いています。そばにいたスタッフは止めたようですが、馬鹿だと思われるかもしれないけど、今、自分にできる反省を形にしたいと取り乱すことなくハサミを前髪に入れたと聞いています。」と、いかにも苦しい弁明コメントもでている。
http://ameblo.jp/akihabara48/entry-11461344009.html 

タレントは公人)
AKBについて考えてみると。政治家もタレントも公人であり、プライバシーを見せて金を取る職業。たとえば、2011年冬には、ハリウッドでは、お土産屋で映画スターの自宅マップが売られており、バンによるスター豪邸ツアーもある。(以前はバスが回っていたらしいが、大型バスの乗り入れはさすがに他の住民の迷惑なので禁止されたらしい。)私も、エディマーフィーの家やらデカプリオの家やらを回ってきた。

そう言う意味で考えるとAKBもある意味ロールモデルとしてのイメージを売っているのだろう。

AKB48: http://ja.wikipedia.org/wiki/AKB48
 正規生、研究生あわせて100人近く、また、SKE48・NMB48・HKT48などの姉妹グループが存在するとのこと。。

どういうロールモデルなの?)
と考えると、
  1. 選挙して何人かを選んで。というプロモーションがそもそも受け入れられている?
  2. 団体行動が真?
  3. ルールを破ったらやっぱり制裁?
  4. それも、女の子に坊主頭って、体罰?
  5. そもそも大人の恋愛が禁止されるの?
1については、衆議院選挙の時に、「総選挙 結果」でググルと上位が全部AKB48だったので、受け入れられてはいるのだろう。

2に関して言えば、今まではちょっと売れると、リーダが離反して個人で売り出して、チーム解散とかあったけれど、あれとどっちがよかったのか?

相互監視と女性蔑視)
団体行動に関して、米国の高校で教えている先生がいっていた。女性が迫害されている社会からやってきた女の子(その先生は高校の先生)。は、お互いに凄く牽制しあうらしい。文化祭の出し物で例年ファッションショーをやるらしいが、中東とかから来た女の子は、「おまえはブスだ。」「衣装がにあわない」とののしり合いがヒドイらしい。
また、インドでもそうで、出来る女の子が級長になると、白人なら「すごいねー」となるところが、イジメが発生して、不登校になった子もいるらしい。

と考えると、AKBの過度の団体行動も女性が迫害されている日本の伝統文化なのかな。とも思えてくる。

欧米人に、このビデオを見せても説明しにくいだろうなぁ。。。

丸刈りについて)

CiNii 論文 -
男子中学生に対する「丸刈り」指導の効果に関する研究 : 都道府県別「丸刈り強制率」と各種指標との関連 - http://ci.nii.ac.jp/naid/110000479627

という論文を見付けてFacebookに流していた方がいる。有料であるが、大学は団体契約していて閲覧できたので、引用する。



丸刈りは都市部で廃れているし、丸刈りがイヤでそうでない学校に進学した人からも沢山コメントがあった。特に、大学教授とか企業研究所でクリエイティブな仕事をしている人から丸刈りへの批判が多かった。

団体行動とか行動指導といいながら体罰をしたり、女性蔑視したり、はたまた、就業規則だといいつつ社員を冷遇したりと、それが、前近代的なものだと気づかないのだろうか。
blog comments powered by Disqus