You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 60万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

60万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。またまた、しばらく更新しないうちに、2017/6/11に60万7197アクセスになっていました。久しぶりに更新します。

2011年4月26日火曜日

AT&T MicroCellを導入した

いわゆるホームアンテナの類でである。自宅で、AT&Tの3Gがほとんど入らない。AT&Tショップにいったところ、定価199ドルのmicrocellを買えといわれた。discountで、$100ドルにしてあげるという。だが良く聞くと、月々$20のレンタル料がかかる。お店で1時間以上、交渉して、無料で手に入れた。その経緯は末尾に書くとする。

microcellによって、自宅内の電波状況は大幅に改善した。

microcellの概要)

  1. Cisco製であり、最近売り出された模様
  2. internetにつなぎ、3Gの基地局になる
  3. GPSを搭載しており、おそらくこの情報を使って、電波切り替えを行う
  4. microcellで使用する電話番号の登録が必要。購入者以外でも任意の番号が複数登録可能。追加も可能。
  5. microcell使用時は通話料が無料になるとある。これにより、電話番号の登録が必要なのかもしれない。
  6. 初期登録時に使えるようになるまでに、2時間以上かかる。おそらく認証と3Gのルーティング情報を更新しているのであろう。
microcell取得のための交渉) お店で1時間以上かかったが、アメリカを良く知る人によると、短いほうで、大成功だねといわれた。まったく、どういう国だろうか。
  1. AT&T shopに行った。
  2. shopでは無償化の対応ができないから、AT&Tのサービスに電話しろといわれ、そこにかけたらshopに行って交渉しろと言われた。
  3. 結局shopに行って交渉した。無料にするには、AT&Tの担当部門が周辺の電波チェックに来る。それまでに2週間かかり、さらに結果判定まで2週間かかると。固定電話をもっていないので、それまで自宅で通話できないのは困る。妻もiPhone4だし、子供も脱獄iPhone3G (AT&T Prepaid SIM)であり、これは困る。
  4. shopのマネージャを呼び出して交渉。だんだん話しがずれてきた。managerは次のように言うので、やじるしのように応答。
    1. 基地局のマップを示してくれた。確かに数km以内に基地局が4局もある。AT&TはT-mobileの基地局をどんどん買収しているとも聞いた。
    2. 端末の問題かもしれない。---> えー。3台も端末が壊れているの? 他の場所では問題なくつかえるのに。
    3. SIMカードを交換して試してみたい。--> SIMには、契約情報しか入っておらず、電波が弱いのとは関係ないはず。
    4. とにかく、周辺電波をチェックして、本部の判断をあおがないと無料貸し出しできない。
      ---> TargetやFry'sなど普通のお店では、不良品は自由に返品できる。問題点が判明するまで、貸してくれて、microcellとは関係なかったら返品するのはどうか?
  5. 決め手になったのは以下
    1. 携帯は唯一の通信手段。子供が緊急事態になった場合に、AT&Tはどう対応してくれるのか?
      これは、訴訟王国のアメリカではかなり応えたようである。AT&Tの問題についてウォーニングしているので、もし重大事故が発生しAT&Tが訴えられると勝てない恐れがあるのではなかろうか。
    2. マネージャの態度が変わり。とりあえず199ドル+Taxで買ってもらう。家に持ち帰りmicro cellを設定する。これで直れば3Gネットワークの問題なので、micro cell無料提供とし、返金する。直らなければ、AT&Tで別途対応する。この場合にはmicro cellは返品し返金する。とまあ、いずれにしろ返金なので、無料でくれてもいいはずだが、どうも手続き上それはできないようなので、カードで払ってもらってきた。
    3. 設定したらまともにうごいたので、通知した、返金してくれるらしい。
  6. ただし、近くにある子供の高校、ホームセンター、レストランではやはり電波が極めて弱い。また緊急時の問題をあげて、対応するように依頼した。

元農地で建物が離れているとはいえ、シリコンバレーの街中で通じないとは、AT&Tのネットワークは悲惨なものである。最近T-Mobileを買収し基地局を増やしているようではあるが、T-Mobileなら拙宅でも問題なく通じている。verizonが、一番信頼できるnetworkと宣伝し、Appleもverizonをサポートしたのはこういう理由かもしれない。

blog comments powered by Disqus