You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 60万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

60万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。またまた、しばらく更新しないうちに、2017/6/11に60万7197アクセスになっていました。久しぶりに更新します。

2011年4月26日火曜日

Calenderに関して困ったこと

以下のような理由でgoogleカレンダーは日本のタイムゾーンのまま使っています。iPhoneの標準カレンダーやSnapCalとgoogleカレンダーを同期できるようになったのですが、googleカレンダーに対するiPhoneのタイムゾーンとの時差を判定して予定をずらしてしまいます。iPhoneの時計を日本時間のままにすればよいのかもしれませんが、これはこれで不便です。SnapCalとgoogleに対応を打診しました。googleのフォーラムに出した要請は以下のとおりです。


バグ・問題の報告」に投稿してしまい不適切だったので、件名はそのままに、若干内容を修正して、「要望・提案」に投稿します。

googleカレンダーを愛用しています。2011/2月に米国シリコンバレーに赴任しました。ところが赴任してタイムゾーンをJSTからPDTに変えると、時差を勘案して予定が全部ずれてしまいます。日本で入力した、将来の予定も全部ずれます。過去の実績も全部ずれてしまいます。予定は、どこの国でも、たとえば2011/4/20(水曜日) 15:00は、その日・その時間であり、タイムゾーンは関係なく、タイムゾーンを考慮して予定を入力することはありえません。予定に関してタイムゾーンを無視し、現在の時刻だけタイムゾーンを参照するように変更していただけませんか。

もし、タイムゾーンに対して対応していただけるのでしたら、日本から米国に来た場合に、同じ日を二度経験することになり、予定が混乱します。そこで、移動した日だけは、2つのタイムゾーン分を分けて設定できるとわかりやすいと思います。海外を頻繁に渡航する人が通知機能を使う場合には特に便利になります。

現在のgoogle calenderでの仕様でどう使えるのか考えてみました。海外との遠隔会議で、海外時間でアナウンスされた予定をそのまま登録する際に、いったんタイムゾーンを変えて登録して、もう一度タイムゾーンを戻すような使い方には使えそうです。ですが、登録するたびにタイムゾーンを入れ替えるのは、やはり不便なので、登録時に変換する機能は別途追加したほうが良いように思います。

それよりも、海外旅行や海外出張の際に現地で行うスケジュールを登録したのに、現地にいって時計を合わせるとスケジュールが過去の分も将来の分も全部狂うという方が不便なように思います。

以上ご対応できませんか?

blog comments powered by Disqus