You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 60万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

60万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。またまた、しばらく更新しないうちに、2017/6/11に60万7197アクセスになっていました。久しぶりに更新します。

2011年4月22日金曜日

任意のiOSをインストールするためのSHSHの保存- TinyUmbrella/fix recovery/DFUモードへの入り方/DFUモードからの抜け方

以下にあるように、TinyUmbrellaというツールを使えば、接続したデバイス用の認証コード
SHSHをダウンロードして保存できる。ただし、都度SHSHを発行しているAppleに問い合わせてSHSHを取得する訳であり、そのiPhone等に搭載されているiOSの版用のSHSHではなく、tiny umbrella起動時点でAppleがリリースしている最新のiOS向けのSHSHとなる。なので、任意のiOSに復元したい場合には、そのOS用のSHSHを取得しておく必要がある。また、SHSHは端末のIDから生成されるので、tinyumbrellaに接続したことのない(未購入の)端末用のSHSHは取得できない。逆に一旦tinyumbrellaやCydiaにIDを登録してしまえば、次からは端末をつながなくてもSHSHは取得可能なようである。

http://www.ipoday.net/misc/tinyumbrella.html

mac OS-X用のTinyUmbrella v4.32.01をinstallした、~/.shsh にファイルは作成される。
最新のtinyunbrellaでは、取得したSHSHのフォルダを表示する機能もある。
復元時の認証サーバ機能もある。

上記サイトには、無限リカバリループの問題を解決するfixrecoveryというツールもリリースされている。Mac OS X版は、terminalで動くtext baseのツールであり、DFUモードに入ったiPhone等をつなぐ必要がある。現状は、4.3用と4.2.1用のみのようである。

DFUモードへの入り方は以下)

1. HomeとSleepボタン(電源ボタン)を一緒にちょうど10秒押し続ける。
  (一旦電源を切ると書いてあるwebもあるが、電源を切る必要はない)
2. 10秒したらSleepボタンだけ離して、Homeボタンは押し続ける。10秒すると
DFUモードに入る。ただし、画面は真っ暗なままなので、入ったのかどうかは
分からない。

 1の前に、sleepボタンだけ3秒押すという指示(以下)もあるが、必要かどうかは不明。
http://jailbreakers.info/ (redsn0wでの脱獄方法の解説)

 Pwnage tool等では、この確認のための画面が出る。たいそう大げさな
指示音がする。

DFUモードからの抜け方)
  1. HOMEボタンとSLEEPボタン(電源ボタン)を同時に押し続けるとリセットされリブートする。
blog comments powered by Disqus