You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 60万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

60万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。またまた、しばらく更新しないうちに、2017/6/11に60万7197アクセスになっていました。久しぶりに更新します。

2011年5月21日土曜日

TinyUmbrellaの紹介とiOS4.3.3のSHSHが保存できない課題

iOS4.3.3のSHSHの保存にはTinyUmbrella v4.33.00に更新する必要がある。
SHSHとTinyUmbrellaとは: iPhoneへのiOSのインストールにはAppleの認証を得る必要がある、認証は最新のiOSに対してしか生成されない。認証は、端末(iPhone, iPod, iPad, AppleTVなど)の固有のID (ECID)をAppleに送って生成されるSHSHという情報である。これによって、Appleは、脱獄対策やセキュリティ対策の低い古いiOSのインストールを排除している。が、それでは、脱獄がうまくいった古いiOSをiPhoneなどにインストールすることも、iOSをダウングレードすることもできない。そこで、Appleの認証の代わりをするために、その端末に対応したSHSHを保存しておき、認証局の代わりをするのがTinyUmbrellaである。今すぐに脱獄するつもりはないが、将来への余地を残しておきたければ、TinyUmbrellaをインストールして、お持ちの端末に対応したSHSHを保存しておくのをお勧めする。
SHSHとは) http://en.wikipedia.org/wiki/SHSH_blob   -- Signature HaSH blobのこと。

TinyUmbrellaについては、以下に説明があります。
http://www.ipoday.net/misc/tinyumbrella.html 

また、SHSHの保存には、毎度対象となるiPhoneをUSBで接続している必要があるらしい。
   (Cydiaでは、勝手にSHSHが保存できているのに本当か???) ← これは間違い。一度端末の固有ID をTinyUmbrellaに覚えさせれば、あとは端末をつなぐ必要は無い。
さらには、TinyUmbrellaは、脱獄マーケットCydiaにもECIDなどを送ってくれるらしく、一度TinyUmbrellaを起動すれば、あとは、Cydia側で最新のiOSに対するSHSHをAppleから取得し保存してくれるようでもある。非常にありがたいので、CydiaやTinyUmbrellaに、寄付をすることにしよう。

iOS4.3.3のSHSHに関しては、脱獄済みのiPhone4のSHSHは保存できたが、非脱獄のiPhone4, iPod第4世代、iPhone3GS(脱獄済みiOS3.2) をつないで、SHSHの保存を実行したものの、SHSHが保存されない。
logにはcacheしたと出るものの、いつまでたっても後者の3機種に関しては、SHSHが保存されたという情報がTinyUmbrellaで表示されない。不思議なのは以下の現象である。

5/23に再度確認したが、TinyUmbrellaは、v4.33.00が未だに最新。iOS4.3.3のSHSHは、脱獄済みのiPhone4のSHSHしか保存されていない。再度、他のデバイスをつないで保存してみても、cacheしたとでるものの、肝心のSHSHの保存情報には反映されない状況は変わらない。

以下5/25nまとめたもの)
  1. 脱獄しiOS4.3.2にした、iPhone4のSHSHはTinyUmbrerra v4.33.00で保存できた。
  2. 脱獄していないiPhone4, iPod ならびに脱獄しているがiOSが古い(iOS3.1.2のiPhone3GSのSHSHは、それらをつないでTinyUmbrellaを実行して、iOS4.3.3のSHSHがキャッシュされたとはlogに残ったものの、いつまでたっても、それがSHSHの保存情報に反映されない。
  3. 脱獄したiPhone3GSはCydiaにいくと4.3.2, 4.3.3のSHSHが保存されているとでる。最初は、4.2.1までしか表示されていなかったが、古いCydiaパッケージがたくさんあり、それらを更新しrespringしたら4.3.2, 4.3.3も表示されるようになった。
  4. その後TinyUmbrellaで、端末をつながずにiPhone3GSのSHSHを保存した、するとiOS4.3.3のSHSHも保存された。(2011/5/25)
  5. 上記2でSHSHが保存できなかった3つの機種もiOS4.3.2のSHSHはTinyUmbrella v4.32.01で、保存できている。これらは初回の保存である。(以下参照)

    2011/4/22: 任意のiOSをインストールするためのSHSHの保存- TinyUmbrella/fix recovery/DFUモードへの入り方/DFUモードからの抜け方

  6. 先にも述べたように、SHSHの取得にはECIDとシリアル番号など個体情報があれば済むはずであり、Cydiaでは端末をつながなくても最新SHSHが更新されている。端末をつながないでやっても、TinyUmbrellaは、SHSHを保存しにいく。端末がつながっていないのはSHSHが保存できない理由と関係ない可能性がある。
  7. TinyUmbrellaは端末情報をローカルに保存しているのではない模様。端末名に日本語や'(アポストロフィ)があると端末名表示が変になる。2でいまだに、SHSHが保存できない上記3の2端末はこれに相当する。Tunesで端末名を問題ないで残っているものに変えたが、それがTinyUmbrellaの情報には反映されない。ひょっとしてこの問題により、おそらくCydiaにある中央データベースが狂っているのかもしれない。そうなるとCydiaのデータベースを削除してもらうか、上記の文字化けに対応してもらわないとならないので厄介である。
  8. Appleが認証方法を変えたのかもしれないが、最新の直前のiOS4.3.2の端末しかiOSを更新できないということは無いはずであり、脱獄してiOS4.3.2にしたiPhone4だけがSHSHを取得できた説明にはならない。あり得る状況は以下
    1. 脱獄したiPhone4がSHSHを取得できたのが、たまたまだった
    2. 上記7の文字化けによる問題とCydiaのデータベースが一時休止していたことによる問題

TinyUmbrella開発元やCydiaに当たってみようと思う。
blog comments powered by Disqus