You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 50万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

50万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。

2012年12月12日水曜日

ドラッガーは科学か? 世界の大学の状況

日本では、「もしドラ」「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」が、130万部を超えるベストセラーになった。http://moshidora.jp/ が公式サイト。

http://www9.nhk.or.jp/anime/moshidora/ (以下 スクリーンショット)のようにアニメ化!!され、NHK総合テレビでも放映された。 


いまや、ドラッガーは誰でも知っているし、経営者で信望する人も多いと思う。

ところが)
「世界で「知の競争」に勝つには、ドラッカーを読んでいるヒマはない
 第1回: 世界中で進む「経営学の科学化」」
という記事が、日経ビジネスに掲載された。

米ニューヨーク州立大学バッファロー校経営大学院で助教授を務めている入山 章栄(いりやま・あきえ)先生が著者。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20121205/240603/?bv_img が記事へのリンク。詳しい著者プロフィールへのリンクもここにある。

概要は、
「実践への示唆を与える優れた啓蒙書」という意味で素晴らしい本なのだろうが、「ドラッカーは名言ではあっても科学ではない」
もう少し詳しく引用すると、米国の大学の厳しさがよく分かる。以下のAAUの現状メンバー数は60校です。
米国の大学というのは、非常におおまかにいって2種類に分かれます。それは「研究大学」と「教育大学」です。前者は教育だけでなく研究を重視する大学で、後者は教育のみに注力します。
 米国には現在2,774の四年制大学がありますが、そのうちで「研究大学」と呼ばれる大学はほんの一握りです。そして日本でも比較的名の知られているような大学は、研究大学であること多いのです。 
米国にはAAU (Association of American Universities)という、選ばれた研究大学だけが所属できる団体があります。 このAAUの基準は厳しく、大学全体の研究成果が悪いとメンバーから外されてしまいます。実は昨年、ネブラスカ大学とシラキュース大学がAAUから外されてしまい、関係者の間では大きな話題となりました。
それはビジネススクールでも同じなのです。研究大学のビジネススクールに所属する教授は、だからこそできるだけ科学的な方法で研究し、ランキング上位の学術誌に論文を掲載するために努力することが求められるのです。
 したがって、やや大胆に言ってしまえば「社会科学としての経営学研究の競争に勝つためには、科学ではないドラッカーなど読んでいる暇はない」ということになるのです。
AAU)
http://bit.ly/SNM601 がAAU HPにあるメンバーのリスト。本記事の末尾に引用する。日本人が知っている米国の有名大学はほとんど入っている。

メンバーの半数の大学は1900年頃からのメンバー。だが、1990年頃からのメンバーも多い。UC(カリフォルニア州立大)はほとんどメンバーに入っているが多くは1990年以降。Stony Brook University-State University of New York (2001)のように2001年からメンバーの大学や、Boston University (2012)のように2012年からメンバーの大学もある。ここに見られる「チャンスの公平性」が米国の一番の美徳。

世界各国の大学数)

世界各国の大学数は、http://d.hatena.ne.jp/next49/20081109/p2 にある。以下に表を引用する。


米国が4,276校と突出して多い。(AAUの60校に選ばれるのいかに激戦なのかはよく分かる。日本の大学のぬるま湯ぶりと違い、怠けているとAAUから脱落し、新しい大学に置き換わる)

おもしろいのは、高等教育進学者数。韓国が100%を越えている(社会人入学が多い。複数学位を取る人が多い。ということなのか、統計のインチキなのか。。)。日米英仏は50%程度だが、ドイツは中国と同じ25%程度。

世界大学のノーベル賞受賞数)
http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_Nobel_laureates_by_university_affiliation にリストがある。
日本の大学は、低いところでドングリの背比べをしている。さらに日本の受賞者といっても、米国で教育を受けたり、米国で成果を出し現在も米国に在住している研究者も多い。
それは、ちゃんと成果を評価するシステムがあり、資金の有効活用がはられているからに他ならない。インド、中国、韓国などアジアの受賞者が少ないのも、欧米との違いである。もちろん、ノーベル賞が、欧米の作った欧米の為のルールというのも忘れてはならない。オリンピックやF1グランプリと同じで、アジア人など入れたくないので、ルールをいじくってくるのである。

後ほどまとめたい。

AAUの最新会員校リスト)うしろの括弧内が会員になった年。

MEMBER INSTITUTIONS AND YEARS OF ADMISSION 

Boston University (2012)
Brandeis University (1985)
Brown University (1933)
California Institute of Technology (1934)
Carnegie Mellon University (1982)
Case Western Reserve University (1969)
Columbia University (1900)
Cornell University (1900)
Duke University (1938)
Emory University (1995)
Georgia Institute of Technology (2010)
Harvard University (1900)
Indiana University (1909)
Iowa State University (1958)
The Johns Hopkins University (1900)
Massachusetts Institute of Technology (1934)
McGill University (1926)
Michigan State University (1964)
New York University (1950)
Northwestern University (1917)
The Ohio State University (1916)
The Pennsylvania State University (1958)
Princeton University (1900)
Purdue University (1958)
Rice University (1985)
Rutgers, The State University of New Jersey (1989)
Stanford University (1900)
Stony Brook University-State University of New York (2001)
Texas A&M University (2001)
Tulane University (1958)
The University of Arizona (1985)
University at Buffalo, The State University of New York (1989)
University of California, Berkeley (1900)
University of California, Davis (1996)
University of California, Irvine (1996)
University of California, Los Angeles (1974)
University of California, San Diego (1982)
University of California, Santa Barbara (1995)
The University of Chicago (1900)
University of Colorado Boulder (1966)
University of Florida (1985)
University of Illinois at Urbana-Champaign (1908)
The University of Iowa (1909)
The University of Kansas (1909)
University of Maryland, College Park (1969)
University of Michigan (1900)
University of Minnesota, Twin Cities (1908)
University of Missouri-Columbia (1908)
The University of North Carolina at Chapel Hill (1922)
University of Oregon (1969)
University of Pennsylvania (1900)
University of Pittsburgh (1974)
University of Rochester (1941)
University of Southern California (1969)
The University of Texas at Austin (1929)
University of Toronto (1926)
University of Virginia (1904)
University of Washington (1950)
The University of Wisconsin-Madison (1900)
Vanderbilt University (1950)
Washington University in St. Louis (1923)
Yale University (1900)



blog comments powered by Disqus