You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 50万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

50万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。

2012年12月24日月曜日

Mac OS-Xが依然不安定な理由

Talagentの問題は解決し、Google Chromeを使っていて、Macがfreezeするということはなくなった。詳しくは以下。


2012年12月18日火曜日: Mac OS-X Lion系(10.8.2) でのブラウザ不具合はtalagentが原因


まだまだハングしている)
ところが、相変わらず、Macは何度かfreezseしている。状況は以下。冒頭は日付。これぐらいの頻度で起きている。
  1. 2012/12/20, 2012/12/21: SleepしてDisplayが変わって再起動したとき
  2. 2012/12/22: Time machineが起動したとき
  3. (日付失念) : 理由は不明だが、talagent以外の理由でハング
  4. 2012/12/24: Time Machine関係のツールがハング
今後、継続解析して、対策したい。

1の概要)
1は、自宅でDVI接続で外部LCDをクラムシェルモードで使ったあとsleepさせ、本体displayで起動しようとしてハング。強制rebootして使った後、またsleepさせて、自分のオフィスに戻ってThunderbolt displayにつないで起動しようとしてハング。そして強制rebootという具合。/var/log/system.logをみると、Graphic acceleratorが無応答になっているメッセージが沢山あり、talagentは原因ではないが、尋常ではなさそう。

2の概要)
USB接続の外部HDDを繋いでTimemachineが起動した瞬間にハング。長く起動しつづけていない状況で、依然はバックアップできていた。
/var/log/system.logをみると、

Dec 23 12:40:51 Satoshi-MacBA com.apple.backupd[7813]: Backing up to: /Volumes/My Passport/Backups.backupdb

とでたまま、10分以上メッセージがない。timemachineにもメモリーリークがあって、段々不安定になるのだろうか。。。

4の理由)
/var/log/system.log をみると、以下の通り。

Dec 24 16:20:47 Satoshi-MacBA mtmd[70]: Set snapshot time: 2012-12-24 16:20:49 -0800 (current time: 2012-12-24 16:20:47 -0800)
Dec 24 16:20:47 Satoshi-MacBA kernel[0]: nspace-handler-set-snapshot-time: 1356394849
>>> reboot >>>
Dec 24 16:30:41 localhost bootlog[0]: BOOT_TIME 1356395441 0

nspace-handerがsnap shotを撮ろうとしてハングしている。http://bit.ly/TnFQQp によると、nspace-handerは、Mac系のbackup toolである、Time Machine関係のプログラムらしい。

つまり、2と4を考えるとtime machineを無効にすると改善するかもしれない。
2の前にDisk Utilityでdiskの異常はチェックしている。また、4の後にもDisk UtilityでVerify Diskと、Permission checkをやっている。前者は異常なし、後者はcoreのファイルパーミッションがいくつか不正であった。が、これが、time machineをfreezeする原因とは思えない。

起動して直ぐにtime machine backupを行っても問題ないので、これまた、Time machine関係のツールにメモリリークがあり、動き続けるとおかしくなるということかもしれない。
またもや、定期的にtime machine関係のツールをkillして再起動させれば解決するのかもしれない。
とりあえず、再起動直後にTime machineのバックアップを行い、Time machineの設定でTime machineを止めた。これでどうなるかしばらく様子を見たい。

VMware Fusionには罪はなかった)
VMware Fusionを購入してから、Mac OS-Xが不安定になったと思っていたが、どうも関係ない。先日Application folderから消去したが、ゴミ箱に残っていたので、復旧しておいた。
ま、価格性能比が良いwindowsのnotePC(以下リンク)を購入したので、あまり使うとも思えないが。。

2012年7月18日水曜日:windows7のnotePCをMacの様に使う


終わりに)
と、とんでもなく、OSの、できが悪いように思う。windowsやlinuxでは、このレベルの問題は起きてはいない。
blog comments powered by Disqus