You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 50万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

50万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。

2012年12月17日月曜日

iOSのデベロッパライセンスの更新のやり方が分からない

iPhoneやiPadで、「プロビジョニングプロファイルが失効しますよ。」と出るのであわてて、年間99ドルのデベロッパライセンスを購入した。

http://bit.ly/zJCl34 のやり方でiOS5.1.1のiPhone5は、プロビジョニングプロファイルは更新できた。以下にその様子を示す。



開発ツールのXcodeのオーガナイザを開いて、左側のデバイスの「Provisioning Profile」ところを右クリックして、「Add device to Provisioning Portal」とやり、IDを入れてloginすれば更新されたようである。以下に図を示す。




ところが、Developer TeamのCertificateが失効してしまっている。
http://stackoverflow.com/questions/2177143/how-to-renew-an-iphone-development-certificate (英語) の説明だと、新たに Certificateを取り直してやり直さないとならないとある。
折角、プロビジョニングプロファイルが更新できたのに、どういうことだろう。。

また、iOS5.0.1 のiPadでは、同様の手順でプロファイルを更新しようとしても、「Could not support development 」(以下写真)となる。全く分からない。



更新しようと慌てて金を払ったが、結局、やりなおしなら、とりあえず、iOSアプリを開発する積もりはないのでほおっておくことにする。情報あれば教えていただきたい。\

Keychain)
Keychain Acessというアプリで見える、Certificateのリストもゴミだらけになってしまっている。

ぼやき)
愛用のMacbookAir 13インチ2011秋型は、 iOS10.8.2にしてからしょっちゅうハングアップする。Free RAM booster 1.0.2 をいれて、強制的に1GBはメモリを空けているので、メモリ不足の性ではないはず。
  • 一番機能的に使いやすいChromeはATOKとの相性が悪い
  • Firefoxも入力ウィンドウがおかしい
  • SafariはChromeほどではないがハングするし、ハングしてpluginでwindowsをリカバリすると、いつの時点だかわからないwindowがリカバリしてくる。また、Blogの記入画面の動作もおかしい
と、ブラウザ系が絶滅状態。OS-X Lion時代の古いChromeの時はよかったのだが。。

また、OS-X 10.8.2では、アプリがしょっちゅうSegmentation Faultで落ちる。
Linuxに引っ越そうかと思っている。


blog comments powered by Disqus