You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 50万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

50万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。

2012年12月17日月曜日

国債残高と自公連立の負の功績

2012/12月の衆議院選挙で、自民党は単独過半数を確保したように思う。
これは幸いだったかも知れない。

日本の赤字国債)
日本の国債残高は、対GDP比率250%もあり、数字上ではギリシャなど遙かに抜いて世界トップである。

財務省のサイト http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/007.htm
から図を引用する。



これでデフォルト危機がおきないのは、国債を日本人が持っているからである。つまり。

  1. 勤勉に働いて外貨を稼ぐ
  2. 将来が心配なので預金する
  3. 銀行は国債を買う
  4. 政府は国債収入でバラマキをする
という構図になる。


に書いたように、日本の産業は強いからこそ貿易収支が黒字で有り、円高になっているので、その結果、外貨は集まるのだが、これが銀行に貯まり、国債になって、政府がばらまく。国民は将来に不安なので、やはり銀行に貯めて、国内消費が回らないので、デフレになる。という事態だと思う。


自公連立の負の功績)
あと、バラマキを始めたのは、自公連立になってからである。事項連立は、1999年 http://bit.ly/TV80go から始まっており、http://ecodb.net/country/JP/imf_ggxwd.html にある国債残高の急増(以下)と一致している。



政権を取ったばかりなので公明党はバラマキで人気取りをしたかったのかも知れないのだが、次世代でも返済できない負債を残した罪は大きい。

安易な連立政権というのはこういうのがあるので、危険だと思う。
今回の選挙で自民が衆議院で単独過半数をとったのは、懸命な選択だったかもしれないが、以下で触れたように、参議院では過半数がとれない。衆議院の2/3の再議決で法案をとおすためには、またも自公連立になると思う。

2012年12月17日月曜日: 選挙にネガティブ票を導入したらどうか・憲法改正の可能性



またも、バラマキが始まりかねない。


blog comments powered by Disqus