You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 60万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

60万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。またまた、しばらく更新しないうちに、2017/6/11に60万7197アクセスになっていました。久しぶりに更新します。

2012年12月9日日曜日

Linuxが走っているSDカード: PQI Air Card


http://amzn.to/SIH7Oa PQI Air Card Wi-Fi内蔵SDカードアダプタ (microSDHC 32GB Class10付属) 6W25-032GR1というものがある。amazon.co.jpでは、以下の写真のように、microSDHC 32GB Class 10付属で6,970円

amazon.co.jpでの販売状況

 米国だと、品薄なのか、amazon.comでおまけつきで170ドルから199ドルもしていた。
 日本のamazon.co.jpで買って自宅に届いているので、冬休みに一時帰国したら試して、またblogに追記したい。

他のWiFiつきカードとの性能比較)
http://hitoriblog.com/?p=12269 のようにWiFi内蔵SDカードとしても高性能。性能比較数値もある。そもそも、microSDカードを交換できるので、次のメリットがある。実は、先のリンクは、日本でのiPhone脱獄ソフト開発の第一人者「もやし」さんの最近のblogである。もやしさんのサイトはガジェットネタにあふれている。(私のblogのマイ・ブログリストに、この もやし さんのサイトを追加しておいた。)
  1. ファイルを消したくない場合にも容量が一杯になったら、microSDカードを入れ替えられる
  2. microSDカードは大容量で安いので、Flashメモリ内蔵の他のカード(大体4GB程度)と同じ値段で大容量
  3. 消費電力も小さいらしい
もやしさんがblogで比較実験したWiFiつきSDカードたち(上記URLから写真を引用)
PQIカードの欠点)
http://hitoriblog.com/?p=14317 に欠点と対策が書かれている。引用すると。
対応カメラが限られていることもそうですが、PQIからリリースされているスマートフォン用のアプリの出来がイマイチなことです。前出のエントリでも、アプリの不出来な部分について触れました。あれ以来、アプリがアップデートされる気配はありません。
僕としてはハックで遊べさえすればよく、アプリの出来については諦めていました。
代替アプリの登場でアプリ問題が解決!
とiPhone用の強力な代替アプリが2つ紹介されている。

実験してみた)
実験してみて補足することは、以下
  1. 最初は、ディジカメに入れて、初期化するとつながるようになる。
  2. Macbook AirのSDカードスロットに刺してもナゼかうまくつなががらない。
    1. terminalから、DCIMの下の、"Turn WiFi On"というファイルを消去してみたら、一旦は電波がでたようだが、また切れた。
      /Volumes/NO NAME/DCIM/199_WIFI/WSD00001.JPG というのが、そのファイル。
    2. 一旦、はずして、また刺してみたら、この"Turn WiFi On"というファイルは復活していなかった。
    3. カメラに入れて上手くWiFiに繋げられてから、カードをみると、このファイルが復活していた。
    4. カードの取りはずしを掛けないで、PQI Air cardをMacから外すと、Macがrebootすることがある。特に、terminalでPQI Air cardのmount 位置にcdしているときは、カード取り外しが効かないので注意。
  3. SDCARDは、"NO NAME"という名前でMountされるが、通常のSDCARDのように、この名前をクリックして変更しようとしても、変更できない。ただし、iPhoto上では変更されている。
  4. 電源を入れてから、WiFi電波が出るまでは結構時間がかかる。何度か入れ直してつながるのかもしれない。
  5. http://192.168.1.1/  で、設定画面につながるが、http://air.card ではつながらない。
  6. 上記2のWiFi Setupから、SSIDを入れ替え暗号を設定する。WPA2 Personalでつながる。
  7. Olympus のミラーレス一眼 E-PL3に刺した場合、パワーセーブや電源offになると、WiFiは切れる。
  8. 「純正アプリより品質が高いAirPict というアプリ」は、iOS6以降しか対応していない。
192.168.1.1にブラウザでアクセスしたところ

      WiFi Statusで表示されるWiFiの情報
    WiFi Setupから、SSIDの変更とパスワードを設定しているところ - Submit Allボタンを押し、一度カードを外して再投入すると、設定が反映される


実は超小型Linuxマシン)
上記blogの下の方に、ftpサーバとして動作させたり、telnetでloginさせている。ARM926J-S(421 Bogo MIPSなので400MHz程度で遅い)

とはいうものの、1985年頃の大型計算機とかVAX11 780というUnix 4.2BSDが走ったマシンは、1MIPSしか無かった。その400倍の速度のマシンが、SDHCカードに入ってしまったとは、当時の人が見たら、腰を抜かすであろう。。

が乗っていてLinux 2.6.32.28が走っている。perl 5もインストールされている。
以下 telnetでアクセスしてみたところ。


心境)
Stanford大学の環境, DeskTop NAS化, Raspberry Pi, PQIカード と最近は、Linux三昧である。Android, iOSやPIC も、いじりたいけれど。。

こんなに面白いものが安く手に入るのに、最近の日本(米国でもIT系に進学するのは外人が多い。また女性も少ない) は、理系離れ・IT離れというのは、東京にいて東京タワーに登らないのと同じ心理なのだろうか。。
blog comments powered by Disqus