You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 60万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

60万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。またまた、しばらく更新しないうちに、2017/6/11に60万7197アクセスになっていました。久しぶりに更新します。

2011年10月15日土曜日

Dennis Ritchieよ安らかに眠れ

C言語のバイブル:The C Programming Language (Kernighan and Ritchie)
で知られる。Dennis Ritchieが2011年10月12日(水)、米国ニュージャージー州の自宅で亡くなっていることが発見された。長い闘病だったらしいが、一人暮らしだった。享年70歳だった。Steve Jobsが亡くなった、ちょうど一週間後の水曜日に報道されたのは、何かの偶然だろう。

ご冥福をお祈りします。

  http://ja.wikipedia.org/wiki/デニス・リッチー
Dennis Ritchie(英語)) http://en.wikipedia.org/wiki/Dennis_Ritchie

彼は、偉大な技術者であり、学者でもあり、Steve Jobsのように万人には知られていないが、彼の成果は、今の情報技術には欠かせないものである。

1969年に開発されたUNIXは、その後、コンピュータの標準OSとなり、BSDUnixからNeXTを経てMac OS-Xそして、iPhone, iPadで使われるiOSになっている。また、MicroKernelを経て、windowsNT、windowsXP, windows VISTA, windows 7とつながってもいる。さらには、Minixから、Linuxを経て、Androidにもつながっている。ほとんどのガジェットを支えている技術である。

UNIX) http://ja.wikipedia.org/wiki/UNIX

1969年の初期のUNIXはアセンブラで書かれており移植性の問題があった。この問題を解決するために、B言語を改良してDennisが1973年に作り上げたのがC言語である。UNIXも、1973年にC言語に移植された。C言語は、その後のC++に拡張され、CとC++は、アプリケーションプログラムの記述や、OSなどの、システム記述にきわめて広範に使われている。
また、Mac やiPhoneのアプリを記述する Objective-Cは、このC言語とSmalltalkの混血であるし、Androidやサーバプログラムを記述しているJAVAの文法もC言語を元にしている。

C言語) http://ja.wikipedia.org/wiki/C言語

これだけ現在のIT技術に多大な影響を及ぼしているソフトウェア技術は外には思いつかないように思う。この2つを発明した、Dennisに改めて感謝したい。

ハードウェアならばと考えると、現在のマイクロプロセッサにも使われている多くの技術を創出した汎用機(1964年発表)のIBM/360、本格的なIC微細化をもたらした、プレーナートランジスタの発明(1964年)だろうか。
多くのプロセッサで並列命令実行の実現(out of order実行)に使われている、トマスロのアルゴリズムもIBM/360で発明され浮動小数点演算器で利用されている。

今の技術の原点は、いずれもかなり昔にさかのぼっているのであり、先人の技術を勉強すること、-- 古典 -- が、IT業界でも、やはり重要なことは意外に思えるかも知れない。

IBM/システム360) http://ja.wikipedia.org/wiki/System/360
プレーナートランジスタ) http://www.sanosemi.com/history_of_pre-intel01.htm
トマスロのアルゴリズム) http://ja.wikipedia.org/wiki/Tomasuloのアルゴリズム



blog comments powered by Disqus