You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 60万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

60万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。またまた、しばらく更新しないうちに、2017/6/11に60万7197アクセスになっていました。久しぶりに更新します。

2011年10月14日金曜日

iOS5のSIM unlock/海外で安く携帯を使うには。。

AUのCDMAのiPhone4Sも発表され、SIM unlockの必要性は大分減ったかも知れませんが...

SoftbankはSIM unlockしないようですが、AUの端末のSIMがlockされているのか
は気になりますね。Lockされていないなら、米国最大手、電波がメチャクチャ
よくつながる、VerizonのプリペイドSIMが使えます。これは大きい。


AYさんから、コメントをいただきました。CDMAは、米国内ではSIMを使わずに通信するそうです。AUのCDMAにあるSIM は米国外向けらしく、VerizonのプリペイドSIMなるものも存在しないようです。Verizonのプリペイド携帯はありますが、SIMを使っていないのですね。携帯料金については、AYさんのサイトが詳しいです。
参考:http://www.blogfromamerica.com/wp/?p=2397http://www.blogfromamerica.com/wp/?p=4961

米国や欧州で通話料・データ通信量が格安なプリペイドSIMを使う意味は依然あります。なにせ、米国AT&T のSIMなら、
  • 米国内なら、固定でも携帯向けでも、一分10セント (ただし着信でも通話料がかかる)
  • データ通信は、100MBで15ドル。1ヶ月有効。
と格安です。米国の住所と米国のクレジットカードが本来は必要なのですが、2009年に買ったときにはAT&Tのお店はそこのところは承知していて、お店の住所で登録してくれます。
SIM unlockされてない端末なら通話がそのままできます。
AT&TのプリペイドSIMでデータ通信をするには、テクニックが必要です。iOS3.1.2での例は、以下のBlogにあります。

2010年4月27日火曜日 米国でAT&TのプリペイドSIMを買ってiPhoneを使う
にSIM unlock toolのultrasn0wが、iOS5に対応したとあります。もっとも、
古いiOSをBasebandを更新しないで脱獄し続けている人向けです。新しいiOSでのBasebanは、まだUnlock機能自体が対応していません。というか、最近はunlockする必要性が減ったのか、どうも最新のBasebandには対応がされません。

blog comments powered by Disqus