You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 60万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

60万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。またまた、しばらく更新しないうちに、2017/6/11に60万7197アクセスになっていました。久しぶりに更新します。

2012年1月29日日曜日

玉石混淆の米国の銀行サービス

米国のサービスは低品質と主張してきたが、良いようでもあり悪いようでもある玉石混淆の米国のサービスを紹介する。

私が、使っている某大手銀行。最初のは劣悪なサービス。うしろは玉石混淆。
だが、良い面も多い。TPPでこういう銀行が日本に攻めてこられれば、日本の銀行サービスも、顧客視点に変わらざるを得ない。

ATMカードのトラブル)
ちょっと南のカリフォルニアのスーパーマーケットで使ったら、Online banking Alertというemailがやってきた。「怪しいので、アカウントを一時停止する。オンラインバンキングで、使用状況を確認して、この番号に電話してくれ」とある。ガソリンスタンドでデビッドカードとして使おうとしたら確かに使えなくなっていた。

早速調べたが、別に大した金額も使っていないし、覚えのあるモノが5個程度。emailにあった番号に電話を掛けた。
これは、お客様の口座を守るシステムですと、延々アナウンスがあったあとで、5分以上保留される。ようやく係員に繋がった。「どこで開設した口座ですか?」と聞くので、「California。」と答えると、「ここでは処理できないので、転送します」と。

また5分近く保留音楽を聴く。繋がった。「どこの口座ですか?」と、「California。」また、「ここでは処理できません。」さすがに、それはヘンだ。「先ほども係員がそう言って転送された。どうなっているのだ。。」と苦情をいった。「でも処理できませんから」と、また転送。

そして、また5分以上待つ。次に繋がった係員は、「カード番号を教えてください」と。伝えたら、また、「Californiaの口座は、ここでは処理できません。もうしわけありません。」と、また保留に。。

いったいどうなっているのだろう。このシステムは。。らちが明かないので、電話を切って、窓口に出向くことにした。

翌日、妻が代わりにいったら、本人でないとダメだといわれた。

窓口に行った
土曜も14:00くらいまで空いている(これは良い面)ので、12:00頃に支店にいった。窓口(振り込み、引き出し)に10組をこえる長蛇の列。お客相談の窓口は2つ。1組、待っているだけなのに、30分待ちといわれた。ソファーで15分ほど待った。
口座窓口のほうは、受け付けてレシートをどんどん発行して流していく、米国方式なので、さっさと吐ける。空いていた窓口は2つだけだったが、5分もしないうちに、列は全く無くなった。(これは、良い面)。
補足)日本の銀行は、パーソナルチェック(個人小切手)を持って行っても窓口で引き出し確認をするが、それは必要ない。一旦、レシートを発行しておいて、裏方が処理して、小切手が不渡りなら、預金からまた差っ引けばよいのである。お客を待たせる必要は無い。問題は、現金引き出しの時であるが、通帳の残高を二重帳簿にしておいて、信用確認がとれた額だけを現金引き出しの上限にすればよい。普通の人は、口座に十分残高があるはずなので、不自由を被るのは、口座開設のときのみになる。ちょっと考えればこれくらい分かるのに、日本の銀行は工夫していないのか、評判を気にするのか、規制でもあるのか。。。
さて前の客が終わった。なのに、行員は5分ほど、どこかに消えて、まだ私の順番が始まらない。(悪い面)

私の順番が来た)
説明をし、カードと身分証明の免許証を見せる。
と、例によって、チャレンジ質問。最後にカードを使ったのはどこですか。何という名前の店ですか。金額はいくらですか。(いつもながら答えにくい質問をしてくる。以前、別の支店に住所変更にいったときも、口座残高はいくらですかとか。。。聞かれた。いつものことである。免許証だけでは、信用能力が低いということであろう。)

が、単にブロックされているATMカードのアクティベートでそんな対応が必要なのか疑問である。(思考停止の悪い面)

なんとか答えて、まずは住所変更。これで3度め。相変わらず変わっていない。(悪い面)

ATMカードの再有効化)
行員は秘密の番号に掛けた。一発で繋がる。電話を替わって、どこで使いましたかとか、質問に答え。ブロックの解除完了。(秘密の番号って...悪い面)

旅行に行くので)
遠隔地に旅行にいくと、直ぐにクレジットカードやATM(デビッドカード)が止められる。ので来月行く旅行を登録してもらった。これも、秘密の番号の電話の先の方につたえると簡単にできた。
家族と一緒のJoint口座なので、家族のATMカードも家族のクレジットカードの手続きも同時に完了(良い面)

「もし今度トラブルがあったときに.どうすればいいの?」と聞いたら、この秘密の電話番号と、アクセスコードを教えてくれた。(....)

別なカードの紹介)
そのとき担当者はクレジットカードについて、「キャッシュバックは?」と聞く。何それと訪ねると。この銀行で、キャッシュバックつきのVISAカードがあるとのこと。たしか、スーパで使うと5%、ガソリンスタンドで10%相当の額がキャッシュバックとして、口座に振り込まれるとのこと。年会費も無料。全く損はないとのこと。(ナゼ案内がないの..悪い面)

新たなカード番号になるので、申請が必要と、担当の方は、米国滞在開始日やら、年収やらを聞き。PCに打ち込んで、その場で申請。その場で、承認された。私がやった書類作成は、サイン1カ所だけ。めちゃめちゃ楽なうえに速い。(良い面)

カードは、普通郵便で自宅に送られてくるらしいが、それを持って銀行にアクティベートにいかないとならない。(じゃ、銀行受け取りでいいじゃん...ま、どこの支店でもできるという違いか。)

マネージャにご挨拶)
全部終わり、質問等に答えてくれてから。ちょっとまってね。とマネージャを席に連れてきた。「Mr. Satoshi。どうでしたか、サービスは?」と、丁寧にマネージャからご挨拶。「大変お得なカードも教えて頂き、感謝しています。」と答えると、担当者してくれた女性も嬉しそう。
このマネージャという人。来店時に、名前を書き留めて、お客を整理していた、背の高い美人のお姉さん。マネージャがお客の受付をやる。。これって、なんか日本のサービス抜群のお店みたい。(良い面)

と、良いところ、悪いところ混在。だが、日本流の良いところも入っているように思う。
これだけやって、待ち時間が20分。処理が20分といったところか。丁寧な応対の割には、やれた内容は充実していたかも。。。

おまけ)
かえりにタコベル(Taco bell: メキシコ料理のfirst food, 昔六本木にも出来たらしいがあえなく撤退したらしい。) にいった。入り口にいた初老のおじさんは、「僕は、メニューを考えてないから、先に行っていいよ」と、ドアをあけて、先に通してくれた。普通は開けてくれるだけだが、このおじさんは、一言ついていておしゃれ。Lady  Firstとか老人にやさしいというだけじゃなく、米国人は誰にでも親切(良い面)。

タコベルはお気に入りのタコサラダがメニューから消えていた。が、頼んだらでてきた。(不思議な面)

さっきのおじさんは、「それは旨そうだねぇ。何?」ときくので、「タコサラダ。」「メニューにはないけれどね。」というと、「だから君を先に通したのにねぇ。次はそれにしよう。」と、なかなか、しゃれたた返事。(良い面)

おじさんは、私の隣にくると迷惑というのを知ってか、離れた場所に座った。無意味になれなれしくないのも好感が持てる。(良い面)

親子関係にしても、嫁姑の関係にしても、米国だと、着かず離れずの関係を保つのがうまい。東京では、街にいる他人は遠すぎて、一方家族はべたべたと近すぎるように思う。

2012年1月16日月曜日: 東洋と欧米での家族関係の違い

にも考察した。


おまけ2)
店内に、ご主人がインド人、奥さんが韓国人らしい夫婦と、小学生くらいの、その息子がいた。この混血は、エキゾチックで魅力的な顔だった。




blog comments powered by Disqus