You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 50万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

50万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。

2012年5月26日土曜日

すまし汁ダイエット

あまりダイエットなどをする方ではないが、以前、アトピーなどアレルギーには、断食が良いというのをみて、ダイエットをしたことがある。驚きの結果だったので紹介する。

やり方)
http://kenko.ynam3.net/2007/11/post_95.html にあるように、すまし汁を作る。確か私の場合には、砂糖は余り入れなかったと思う。以下に抜粋しておく。
  1. スマシ汁を作るため、まず3合(540ml)の水の中へ、コンプ10グラム、乾燥シイタケ10グラムを入れて沸騰させ、コンプとシイタケを取り出す。
  2. 次にその中へ醤油を30~40グラムと、黒砂糖30グラムを入れて溶かす
  3. これを、冷めない間にそれを全部飲む。これが一食分で、昼と夕の二回、同じものを飲む。このほかに、飲むものは、生水(ミネラルウォーター)のみ。固形物は何も食べない。
上記サイトには、渋茶とかスイマグとかあるが、これはやらなかった。

効果)
この断食を、まる3日ぐらいやった。
  1. たしか3kgくらいは痩せたと思う。
  2. 空腹感はなく直ぐに慣れる、3日たっても別に空腹感はさほど強く無かった。
  3. 仕事は全く普通にやっていた。それどころか、スイミングスクールで夜泳いでいた。
  4. 動けないどころか断食中には、体はむしろ軽くなり、階段がスイスイと上れた。
  5. 宿便(つまり腸の内皮)が剥がれて便になって出て、アトピーが治るとあったが、宿便などでなかった。スイマグとかをのまなかったせいなのかは不明。
  6. 断食後は、おかゆから食べ始めた。いきなりミルクや肉を食べると、胃がショックをうけるかもしれない。
通常のダイエット同様に、断食をすると、栄養の吸収がよくなりリバウンドするかもしれない。が、しばらくは胃が小さくなって、食が細かったように思う。

2012年5月26日土曜日: 水泳法に関するサイト に書いたように、1.5km泳いでも、278kcal、ご飯1杯、ないしは脂肪20gの消費エネルギーしかない。


ところが、 http://muuum.com/calorie/1010.html にあるように、大人の1日の摂取カロリーは仕事が軽い40代の男性で2,150kcalある。これを0にするようなダイエットなら一気に痩せるはずである。先の計算だと、278kcalで脂肪20gなので、一日でも脂肪200g分3日で600gに過ぎないので、少し計算が合わない。脱水や便がなくなった分だけかもしれない。が、1日200gでも10日で2kg、月6kgと、相当な減量ペースである。というか、先に書いた、運動でのエネルギー消費を考えると、運動でこれ以上減量を増やすには、相当長時間の運動が必要になると思う。

とはいえ、シンクロナイズスイミングの選手は、激しい練習をしたうえで、浮力を付けるように脂肪を蓄えたいので、毎日5000kcalにも及ぶ食事をしているらしく http://bit.ly/Rxy44e 、さらに運動をすれば痩せると思う。(水泳では痩せないという、都市伝説もあるが、ウソだと思う。脂肪が筋肉にかわり体重が減りにくいのと、腹が減って運動した以上に食べているのだろう。)

注意点)
一度目は、うまくいった。二度目にやったら、顔と口にひどくヘルペスがでたので、途中で中段した。病気になる可能性があるので、体調が十分でないときにやるのは、おすすめ出来ない。具合が悪くなったら、直ぐに中断すべきであろう。

断食は免疫を落とすのだと思う。体力が落ちているときにやると、そうなる。続けてやらないほうが良いと思う。

また、1度目との違いは、水泳をしていなかったこと。逆説っぽいが、適度な運動はしていた方が免疫が保てるのかもしれない。

お寺でやる断食)
ググると沢山でてくる。たとえば、信貴山断食道場というのがある。大阪と奈良の県境、古来からの聖地・信貴山に、昭和34年、創始者・吉田修によって開設しました。とのこと。
 http://bit.ly/KLkiSw に、ここの体験談がある。http://bit.ly/KLkqBi のような費用らしい。

http://bit.ly/JEVVN4 の最後には、【体調をみながら無理なく断食】断食中は何も食べないのではなく、味噌汁(具なし)や葛湯などを補って、つらさを和らげます。とある。

長生きになるのだろうか)

【サーチュイン(Sirtuin、SIRT1)遺伝子】発見!長寿遺伝子・NHKスペシャル・2011年6月: http://bit.ly/I6S7hn
 これによると長寿遺伝子は飢餓状態で活性化するらしい。動物実験の結果を人間にあてはめると、寿命が100歳とか130歳とかになる。

知人がこういうコメントをしていた。
本来、動物?はお腹がグウとなってから食べ物を探し始め、その後に食事にありつくのが自然だと大昔聞きました。となると空腹感がスイッチとなって身体が動ける状態にならないと、狩りや食事の準備ができないわけです。漫然と時間になったら食事を得られる状態よりも、段階を踏んだほうが身体が活発になる。で「スイッチ ホルモン 空腹」で検索したら、やはり空腹スイッチで成長ホルモンが分泌する、というのが沢山でてきますね。
blog comments powered by Disqus