You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 60万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

60万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。またまた、しばらく更新しないうちに、2017/6/11に60万7197アクセスになっていました。久しぶりに更新します。

2012年5月29日火曜日

iPhone4を脱獄して入れたアプリ

iOSを脱獄して何が出来るかをまとめておく。
最新のiOSだと、対応していない非公式アプリが一旦増える可能性がある。
また、最近は、公式アプリが増えiOSにも機能が充実したので、脱獄する価値は減った。

基本的になにがやれるか)

  1. Apple社の情報管制から外れる
  2. Apple社が公式に認めないアプリがインストールできる。SSHをいれて、iTunesにたよらずとも、アプリの引き出し、注入ができる。
  3. Apple社のDeveloperプログラム(1年100ドル)に入らなくても、アプリを開発しiOSにインストールできる。また、Apple社のプログラムでは、Mac用に無料配布されるXcodeが必要なので、Macが必要だが、脱獄アプリならLinuxやwindowsでも開発環境がある模様。
  4. 端末のSuper Userになって、端末の全ての情報にアクセスできる。もちろん、通信キャリアの情報等は、SIMカードに入っているので、アクセスはできない。通話料・データ通信料のごまかしはできない。
  5. 脱獄アプリも最近は有料化している。良いモノは2,000円くらいする。
公式アプリを引き抜いて不法流通させるような不心得者は、脱獄社会にはいない。公式アプリは、良心的な値段であるし、開発者を支援するために、P2Pで流行ったような、海賊行為は一切やられていない。

インストールしたアプリ)
OS3.1.2のときのものは、以下に説明がある。こちらの方が詳しい。

Unofficialというフォルダにまとめてある。

Un-Officialの画面

順に説明する。インストールの情報は後日書くことにする。有料のものだけは値段を書いた。他は無料。
  1. Cydia : 非公式アプリのダウンロードサイトへいくアプリ
  2. SpringBack : アイコンの配置を記憶させておき、バックアップ時にそのデータをiTunesを経由してバックアップする
  3. Terminal : 文字terminalでiOSにアクセス。基本unixである。rootになれるので、何でも見られる。下にScreeen shotを掲載。
  4. 5 Row QWERTY keyboard : 下のTerminalのscreen shotにあるように、キーボードに数字の列が追加される。私のお気に入り。ただし、iOS3.1.2にあった、特殊キー表示がなくなって、viなどで必要なESCキーが入力できなくなった。(以下を参照)
    iOS4以降の5 Row Qwerty keyboardでは、Winter boardを使った実装になっている。iPad2のiOS5.xでは、機能しない。
  5. Open SSH: SSHサーバ。これをつかって、MacやwindowsのSSHクライアントから、terminalモードでログインしたり、ファイル転送ができる
  6. AptBackup: インストールした脱獄アプリをバックアップする。実際には、アプリリストを保存しておいて、自動的に再ダウンロードをかけている
  7. WinterBoard: 壁紙などをカスタマイズ
  8. iKeyHoleTV: ネットワーク経由でテレビが生で見られる。日本の主なキー局は全て放送されている
  9. Status Bar Custom Clock: 以下、screen dumpで紹介するように、Status barにいろいろな情報を追加表示できる。上記「Un-Officialの画面」の上部を参照されたい。
  10. NemusSync: 標準アプリのCalendarがGoogle Calendarと同期できなくなった。(AppleのAndoridに対抗するGoogleイジメとiCloudへの囲い込み政策か。。)が、再度同期を可能にするためのアプリ
  11. SysInfoPlus: システム情報を詳しく表示。うしろにscreen dumpを掲載する。
  12. MyWi 5.0 ($19.9) : これが大変便利。AT&Tでは、tethering (iPhoneをワイヤレスルータにする)のに、4GB/月の契約が必要だが、実際には1GB/月の契約で十分である。このツールがあれば、月1GBの契約でもtetheringができる。また、海外ローミング時にもtetheringができるし、iPadでも可能になる
    ただし、AT&Tの海外ローミングは50MB/月で49.99ドルのパックがあるが、これを越えると、通話料がかなりかかるので注意が必要である。米国AT&Tの通話料は以下。

    2011年3月26日土曜日: verizonとAT&TのiPhone4を比較した (米国の携帯通話料は驚くほど安い!!)

  13. Flash light: カメラ用のLEDライトを、懐中電灯として使う
  14. 名前失念: シャッター音を消す。米国iPhoneでは、マナーモードにすると、標準仕様でも消える。シャッター音が消せないのは、日本とカンボジアだけだとのこと
  15. Activattor : いろいろな機能をボタンに割り付けられる。私は以下の様にしている
    - リモコンボリュームの下げ上の連続動作で、前の曲へ
    - リモコンボリュームの上げ下げの連続動作で、次の曲へ
    -  電源ボタン2どの早押しで、Flashライトの起動
  16. SBSetting: 詳しくは、上記Pwnage3.1.5のところへ
モバイルターミナルと、5row QWERTYキーボード

SysInfoPlus のシステム画面

SysInfoPlus のメモリ画面

SysInfoPlus のディスク画面

SysInfoPlus のネットワーク画面/TCPソケット情報

SysInfoPlus のネットワーク画面/インターフェースの詳細。ここにあるipアドレス(globalアドレス)は、iPhoneを立ち上げ直したりすると、しょっちゅう付け変わる。ネットワーク関係を始め、ほかにも沢山画面がある。



iKeyHole TV - 縦画面表示時

iKeyHole TV - 横画面表示時

iKeyHole TV - 番組リスト



blog comments powered by Disqus