You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 60万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

60万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。またまた、しばらく更新しないうちに、2017/6/11に60万7197アクセスになっていました。久しぶりに更新します。

2012年5月27日日曜日

米国の安い携帯Net10


 米国のどこにでもあるスーパーマーケット SafewayでNet10のprepaid携帯が安くなっていたので買ってきた。写真を引用する。Safewayでは、レジ近くのプリペイドカードやiTunesカードを売っている一帯でみつけた。



Net10のプリペイド携帯の料金)
本体が割引で39.99ドル。通話料が60日有効300分のプリチャージで30ドル。つまり通話料は全米均一で、1分10セント=8円。ただし、着信でも同じ1分10セントの通話料がかかるはず。通話料は1分単位の課金なので、10秒で切っても10セントとなる。
通話終了後に、使った通信量と、残りのチャージの量が、画面に表示されるし、表示するメニューもあるのは、普通のプリペイド携帯と同じである。

つまり60日間300分の通話がついたBlackberry風のプリペイド携帯がセットで、69.99ドル。1ドル82円換算で、5,700円ポッキリである。ただし、米国から日本に通話するには、30日間しゃべり放題、海外通話付きの65ドルのプランにしないとならない。本体にこのプランを付けたときの値段は、104.99ドル。すなわち、8,609円になる。

プランの追加は、日本からこの会社のhome pageを通じてonlineでできるはずである。この会社のhome pageは、https://www.net10.com/ である。
通話のプリペイド料金一覧は、http://bit.ly/KvI8ot にある、一部引用する。



この携帯のspecは、http://bit.ly/LkIUCj にある。microSDカードも入る。以下にそこにある写真を引用する。



なによりblack berryみたいなキーボードが打ちやすく、iphone4にshort message (SMS)が送れる。ところがiPhoneから送り返した英文10文字程度のmessage本文を受け取ろうとすると、通話時間が一気に3分も減った上に、受信エラーで本文が受け取れない。つまり、SMSはNet10から外への一方通行ということか。ただし、送る方は、短いメッセージなら一通25セントくらいで送れる。

カメラがついていて動画と静止画も写せるうえに、Javaとflash playerが動く。数独がついていました。目覚ましや、電卓もついていて、mp3 playerにもなる。少ない機能に上手にアクセスできるmenuも良く出来ている。39.99ドルにしては優秀である。
音のセッティングを、7-8個パッケージにしておけて、なかから一つを選ぶ設定方法も良い。パッケージには、着信音量と曲、メッセージ音、キークリック、起動音、バイブon/off等がセットになる。

韓国LGは頑張っている。日本で買ったAUの日本製ガラケーが、マニュアルを何度精読しても使い方がわからなかったのと対照的。

Net10のPrepaid電話の一覧は、http://bit.ly/JJLJ5F にある。Androidなら、多分日本語emailも打てるし見られるが、高い。大体、SafewayとかWalmartといった普通のスーパーマーケットで売っているのか不明。Best BuyやFry'sといった、家電量販店なら扱いがあるかもしれない。その携帯一覧の写真を一部以下に引用する。



電波の強さ)
米国は、西海岸bay areaだけかもしれないが、AT&Tは、電波が入りにくいエリアがある。一方で、Verizonはどこでも良く入るという話である。T-MobileもAT&Tほどの入りにくいエリアはない。このNet10は、いまのところ、Bay Areaの都市部では、入らないエリアは、なさそうである。AT&Tよりも電波状況が良さそうだということになる。

使い始めるまでの手続き)
購入は旅行者かどうかの確認などされない。safewayとかwalmarで、食料品などと一緒に普通に買いものをするだけだった。ただし、iTunesカードと同様に、Prepaidカードは、レジで磁気部分を通してActivateする。そしてActivateのレシートがもらえる。万引きしても、レジを通さないと、タダの板。万引き防止である。レジでお金を払った後に、このレシートがもらえたことを確認しておいた方が良い。

電話のactivate(電話番号の割り付けと、プリペイした料金の取り込み) は電話かinternetでやれる。私はinternetでやった。そのときに、アカウントにemailと住所、電話の登録はあるが、別になにに使うわけでもないだろうから、emailだけ受信可能なら、他はホテルのもので良いと思う。買って1週間になるが、登録確認のemailと、サービス案内のemailが少しあったていどであり、電話は掛かってきていない。

登録は所要10分ぐらいでできた。たまたまなのだろうが、LiIon電池は最初からほぼfull充電であった。

調べてみたが、携帯からのwebブラウザの通信料が、いくらになるのか、どういう扱いなのかは不明。

日本のiPhoneのSIM unlockして使う)
iPhoneを持っていれば、unlock(ないしは、unlockゲタをかませて)して、AT&TのGoPhoneのprepaidカードという手もある。これなら日本語のmailが読み書きできるし、gmailも読める。総務省もSIMのunlockを推奨しているし、米国ではAT&Tも契約の終わった携帯のSIMをunlockするサービスを始めており、合法行為である。
ちなみに、iPhoneで非公式アプリを使えたり、unixのroot userになれるようにする、脱獄(Jailbreak)も、米国ミレニアム著作権法で合法と判断されている。

ただし、AT&Tはdata access pointの情報が違うので、脱獄して data access profileを書き換える必要がある。また、AT&Tはbay areaで電波が弱い。このNet10やT-mobile, Verizonはそんなことはない。

iPhoneのunlockゲタについては以下。
2012年5月13日日曜日: Gevey UltraでiPhone4のSIM unlock
AT&TのPrepaid SIMについては以下。
2010年4月27日火曜日: 米国でAT&TのプリペイドSIMを買ってiPhoneを使う
 通話料は、全米どこでも携帯でも、10セント/分。ただし、日本と違って着信しても通話料がかかる。また、海外では使えない。カナダ、メキシコ、日本で試したが、Prepaid SIMでは、通話もデータ通信もできない。
    iPhoneの脱獄については以下。
2012年5月27日日曜日: iOS5.1.1の完全脱獄が可能に
ほかにも私のblogには脱獄情報が沢山あるので、blog右にでるアーカイブから検索されたい。ただし、脱獄をすると、キャリアの保障がきかなくなるので、自己責任で。作業の手順を理解せずにやって、iPhoneが立ち上がらなくなることもある。

キャリアを選んで、競争を促進しよう)

日本の携帯会社の海外ローミング料金は法外に高い。特にデータ通信が使い放題で、一日1,500円とか高額である。YouTubeとかをアクセスしなければ、月50MBで十分足りる。

携帯のデータ通信は、2割のヘビーユーザが8割のデータ通信をしているといわれており、昨今はこれが激化している模様。私は、定額制というものは、ヘビーユーザのためにお金を払ってあげている、不公平なシステムと考えている。導入した頃の理想とはかけ離れていて、もはや見直しが必要なのである。米国では、AT&Tは定額制を廃止、月250MB, 2GB, 4GBの上限制にし、Verizonも見直しを検討している(みなおした?) らしい。定額制はもはや少数派だと思う。

定額制の導入も米国に相当遅れ、見直しも遅れている、日本のキャリアは、状況把握の感度が鈍いと言われてもしかたがない。

また、日本国内の通話料も法外に高い。以下のリンクにある、米国の料金と比較していただきたい。米国では、ときどき見直されて、段々と下がっているので、最新は、もっと安いかもしれない。

携帯キャリアが、大量の人員を抱えて、法外な経常利益を上げている理由でもあろう。急速に通信速度が向上しているが、それが本当にユーザに必要なのかもわからない。また、米国は、通話料が安いが、すでにLTEが普及しており、単なる合理化の違いかもしれないと思ってしまう。

2011年3月26日土曜日: verizonとAT&TのiPhone4を比較した (米国の携帯通話料は驚くほど安い!!)


SIMをunlockして通信キャリアを選んで、競争を促進して、海外に比べて法外に高い日本の通話料を適正化しよう。

blog comments powered by Disqus