You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 60万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

60万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。またまた、しばらく更新しないうちに、2017/6/11に60万7197アクセスになっていました。久しぶりに更新します。

2011年11月13日日曜日

Appleの製品数はとても少ない

Apple Storeに行って感じたのだが、Appleの製品数はとても少ない。

  1. 小型携帯音楽プレーヤ
    • iPod Shuffle
    • iPod Nano
    • iPod Classic
  2. 主力Smart端末
    • iPod Touch
    • iPhone 3G,4,4S
    • iPad
    • Apple TV
    • iTunes, iApp store, Music Store
  3. Mac
    • Macbook Air
    • Macbook Pro
    • Mac Mini
    • iMac
    • Mac Pro
    • App store
とこれだけ。上記大分類にしたのは、OSが、2では全部共通。3も全部共通だから。さらに、製品は世界共通だし、OSは、どちらも世界共通バイナリー。

日本の製品と大きく異なるのは、製品数が少ないのだが、ラインアップ戦略をとっていること、iPadでも、3G(WCDMAとCDMA)のあるなし、Flashの容量の違いでラインナップになっている。その変わり拡張性はない。高級機を買う人はお金に余裕があり、性能を高く買う人、外部SDカードをつけられるようにするより、ラインナップにして、余裕がある人からお金を搾り取った方が良い。車でもそうだが、グレードの一番低い車で価格を考えてしまうので、あまり割高という意識は生まれない。車でも高いグレードの車は、低いグレードの車が2台買えるんじゃないかと思うくらいに高いし、ほとんど不必要なものがついている。Appleはそれに比べると、不必要なものは少ないし、グレードやオプション数も限定されている。ここにもコスト削減の意識がある。

これだけの製品数で、HPやIBMやPanasonicに匹敵する売り上げを上げているのだから、それは、少数精鋭でも良い製品が開発できる。それでも、開発者には納期厳守で相当厳しいらしい。ふんだんにいて、優秀な社員に日本並みの厳しさで仕事をさせれば、それは良いものができる。


同等の売り上げ規模のHPの製品数は以下の通り。
http://welcome.hp.com/country/jp/ja/prodserv.html
大分類だけを列挙すると、以下の13個になる。
  1. ディスクトップPC、notePC
  2. ワークステーション
  3. Remote Client solution
  4. POS
  5. プリンター
  6. モニター、プロジェクター
  7. サーバー
  8. ストレージ
  9. ネットワーク
  10. ソフトウェア製品
  11. PDA, 電卓
  12. ITサービス、保守、アウトソーシング、トレーニング
  13. ファイナンシアルサービス
と沢山ある。まだ、コンピュータ系だけにまとまってはいる。昔は、これに測定器。医療機器があったが、測定器はAgilentとして分離した。

これが、Panasonicともなると、とても書ききれない(以下)。

http://panasonic.jp/ の大分類を数えると52個もある。その1つの分類のノートPCだけで、その製品は5系列なので、Appleの3つのうち、1個の大分類とは大きはさほど変わらない。

もちろん、Panasonicの製品の中には設計も簡単で、売り上げ規模も小さいものも含まれているであろうが、Appleの製品系列をほぼ含んで、他に製品を持っていると言えよう。
パソコンのOSはMicrosoftから買ってはいるものの、Panasonicの社員の方は、仕事が大変だと思う。



blog comments powered by Disqus