You can read this blog in any language using google translate as follows:

Goto http://translate.google.com/
Paste URL in the box and select "Japanese for From Language" and "To Language". Then click "Translate".

English translated pages are here:
http://bit.ly/xPuXoy

你可以閱讀這個博客,在任何使用“Google”的語言翻譯

本ブログのアクセス統計: 60万アクセスを達成しました。ご訪問ありがとうございました。

60万アクセスまでの経過

2009年12月に始めた本blog。2011年7月ごろに10万アクセスを達成し、2011年12月13日には15万アクセスを達成。
その後、私も更新しておらず、アクセスは少し減りましたが、3月1日には18万アクセス。2012/4/18に20万アクセス、2012/8/21に25万アクセス、2013/1/18に30万アクセス、2013/12/17に40万アクセスを達成しました。しばらく見ていなかったら、2015/5/1に50万2584アクセスになっていました。またまた、しばらく更新しないうちに、2017/6/11に60万7197アクセスになっていました。久しぶりに更新します。

2011年11月3日木曜日

アメリカから見た日本のステレオタイプ


日本の常識は、世界の非常識だったり、西洋の常識は日本の非常識だったり、まだまだ、文化の相互交流が必要に思います。
こういうことがあるから、海外旅行すると楽しいです。団体旅行だとテレビをみるのとかわらず、文化に触れるチャンスが少ないので、自分ひとりで、あてもなく、ぶらっと旅をされることをお勧めます。かなりの人が、そのおもしろさに気づくと思います。

日本は米国にとってまだまだ不思議な国)

TV番組編は以下に書きました。

2012年1月15日日曜日: 米国から見た日本のステレオタイプ = TV番組編

「アメリカから見た日本のステレオタイプ」このYouTube面白いです。日本語です。コウイチさんは、アメリカ人でしょうが、日本語が大変お上手です。


ここにある、コウイチさんの作ったビデオが面白いです。

2008年の投稿で、ちょっと古いですが。そんなに変わってはいないと思います。

1. 日本人は失敗するとすぐに切腹する
2. 日本人の職業は侍か忍者
3. 日本人は毎日寿司を食べる
4. 日本人はなんでもYesと答える

など。4は、笑い事では  ないですね。
「うん、うん」という相づちを、「yes, yes」と、なんとなく訳しているのかもしれませんが、じっくり考えて「yes」と答えるとあるとすると、やっぱり、問題があるかもしれません。

1もハラを切れば(辞めるか死ねば)、どんな失策をしても責任追及をやめると考えると、日本の悪しき側面を言い当てていると思います。失策をすると、本人が挽回をしたいと思っても、メディアもこぞって「やめろ、やめろ」です。日本では、やりっ放しで逃げるのは卑怯じゃないんですよね。これが、日本が失敗から学ぶのをかなり難しくしていると思います。

ビデオの要約+αが、webの下の方に書いてあります。

旅行客が好んでつける、ウエストポーチをFunny Pack だと見ているんですね。

観光地とかにいっても、どうみても中国の建物風なのに、日本建築といっていたり。日本の景色が搭乗するときにドラが鳴ったり。いまだに、東洋は神秘の国のようです。

私の経験)
私も以前、某米国の会社での共同開発に参加して、何人かと一緒にやってきました。その歓迎のランチで、日本人が、
  1. 私は何歳です
  2. 私は独身です
と、みんな言うのをみて、米国人がみんな不思議がり、ジョークで、そのまねをして、「私は、何歳です。」と、やっていました。女性のマネージャは、「年齢は秘密ね♡♡」と言ってました。確かに仕事で来たのに、自分の職歴とか仕事に対する期待ではなくて、年齢を話すのは妙ですね。
あと、自己紹介をするときに、起立するのも、日本の習慣のようですね。ただ、これは、聞いている人にとってわかりやすくて、とてもいい風習なので、ぜひ世界に広めていきたいですね。
米国から見ると不思議なことがいろいろありますが、それは場を改めて書くことにします。

中西部の大学に行かれた日本人の方は、韓国人と日本人が英語で話しているのを、米国人が見て、「なんでわざわざ英語で会話しているんだ?」と不思議がったそうです、韓国と日本は同じ言語だと思っていたらしいです。

かつてフランスからイタリア行きの電車に乗ったときに、フランス人が隣にいて、「イタリアに行っても、フランス語でだいたい通じる。」といっていました。イタリア語とスペイン語もかなり近いですし。スペイン語とポルトガル語なんか、ほとんど一緒じゃ無いのでしょうか。

でも、ハングルさえ無ければ、ともに漢語が多いので、韓国語と日本語も、よく似ていはいるようですね。逆に、韓国や中国の人は、「ひらがなとカタカナ」さえ無ければ、と思っているでしょうね。発音も似ているので、韓国人が日本語を勉強すると、すぐにネイティブみたいに上手な発音になりますね。


とはいっても、やっぱりネイティブのように発音するのは難しいようです)
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1421157424

ひらがなとカタカナ) これは外人に取って難関だと思います。ハングルやアラビア文字、ロシア文字ですら難解なのに、数がやたら多い。さらには、とても紛らわしい文字が多いです。「われ」「しレ」「いり」「ンソ」「ツシ」「あおの」「ろそうら」など。日本人が、雑に書くと、「ろそうら」はほとんど判定不能で、文脈から解釈しているように思います。

また、仮名で書くと同なのに、実際は発声している音が違ったり、「が」と「は」の使い分けだったりと、ネイティブは気づいていないですが、外人にはとても難しいところが沢山あると思います。敬語や尊敬語に至っては、ネイティブですら適切に使うのが難しいくらいですからね。。

中国人は、漢詩が普通に読めるんですね。まるまる中国からの輸入なので当然ですが、発音は全然ちがっていても、中国語のテレビも字幕が出ているとだいたい分かります。昔の人が漢字を輸入してくれたのが、こんなところで役にたつんですね。

とはいっても日本と中国は文化が全然違います)

米語は、ののしり言葉にあふれていると思っていたら、中国語も相当汚いらしい。
http://bit.ly/uC1PMl 

「日本人の言葉も「清潔」である。中国語のように下品で汚い言葉で溢れていない。中国人の口が悪いのは、やれ文革のせいだ、やれ市場経済のせいだ、と言われるが、実はずっと昔からこうなのである。中国語の罵り言葉を並べてみれば、きっと壮観に違いない。中国人は「人を罵る」という必殺技を隠し持って生きているようなもの。それは母親のお腹から出てきた瞬間から備わっている。しかも、種類の多さは恐らく世界一だ。 」

中略

「「馬鹿」なんて罵り言葉のうちにも入らない。もっと口汚い言葉はないかと探してみたが、驚いたことに日本語には汚い言葉がほとんどない。」

潔癖すぎるのは無駄が増え悪い面もあるが、良い面も多い。
日本語はののしり言葉がほとんどない、世界希な言語かもしれない。
美しい日本語を、大事にしたい。



blog comments powered by Disqus